たまったポイントで回転寿司へ...! 50代で初めて作ったクレジットカードが「ケチな私」にもたらした幸せ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ぱっちん
性別:女
年齢:50
プロフィール:コロナの自粛生活で心が疲れてきている気がします。リフレッシュしたいなぁ。

pixta_59062501_S.jpg

私は時代に乗れていない人間です。

スマホを持ち始めたのは最近、電車もいまだに切符を使っています。

3歳年上の夫も同じようなタイプで、それで良しとしてきました。

そのためクレジットカードも一枚も持っていませんでした。

しかし、現金キャッシュレス決済で5パーセント還元などの事業が始まり、よく行くスーパーでも「キャッシュレス決済5%オフ」のシールが!

クレカを使うだけで5%オフになる......そのことが良く言えば倹約家、悪く言えばケチな私の心に響き、クレカを使う決心をしました。

そして、現金を使いつつクレカも使うとなると、私では一カ月のお金の計算が出来なくなりそうなので、全てクレカで支払うことに決めました。

そうと決まったら徹底するのみ。

スーパーでの買い物だけでなく、コンビニで百円程度のものも全てクレカで支払いをするようにしました。

10.jpg

そのほかにも、夫と二人であーだこーだ言いながら、家賃や光熱費、携帯電話会社への支払いなどの固定費も全てクレジットカードで設定しました。

すると、びっくりするほどポイントが溜まっていくのです。

クレジットカードでの支払いが月に大体15万円~30万円なので、大体1500円~2000円分ぐらいのポイントがたまります。

クレカを持ち始めたことをきっかけに、インターネットショッピングも始めました。

実店舗より安いものも多く、助かります。

ポイント二倍デーや五倍デ―などもうまく利用していくと、あっという間に1万ポイントほど溜まりました。

ポイントってすごい! と感動した私が次に始めたのはポイントの二重取りです。

ポイントサイトを通じて、インターネットのショッピングサイトで買い物をすると、ポイントサイトでもポイントが溜まるのです。

こちらのポイントはあまり溜まりませんが、塵も積もれば山となるを信じてコツコツやっています。

サイトを経由するだけで楽ちんなので私にも続けられます。

また、利用明細もエクセル表でダウンロードできるので、家計簿管理も楽になりました。

入力する手間がなくなったことはもちろんのこと、打ち間違えもなくなり、以前よりも家計簿が正確になりました。

私が使ってるクレカでは、たまったポイントで外食が出来ます。

ポイントを利用して、今までは行きにくかった回転寿司に半年に一回行けるようになりました。

たまったポイントなので、全て使い切っても家計にダメージがないのでとても有難いですし、一度に15皿以上食べる高校生3年と1年の子どもたちも大喜び!

クレカを使うことにデメリットが全くなく、もっと早くやっておけばよかったと思いました。

関連の体験記:小学3年生で30万円貯金してたじゃない...倹約家だった幼なじみが「悪質なサークル」に入会してしまい...
関連の体験記:月に最低20万円欲しい。50歳での就職はこんなに難しいものかと実感
関連の体験記:生まれてくる孫のため「禁煙貯金」を決意した夫。5年かけて開けたら...うれしい悲鳴!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP