コロナで失業し、失意の私が出合った「ダンス」。減量に成功し、淡い夢を見始めた矢先に落とし穴が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きむち
性別:女
年齢:44
プロフィール 夫・子供二人・只今コロナで失業中の元派遣社員。

pixta_39310492_S.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、仕事を失いました。

派遣社員、しかも44歳と年齢が高いと真っ先に切られるこの世の中。

ずっと家に居続けるようになり、家事以外で動かなくなってしまいました。

これといった持病はないけれども、座ってばかりいるので駄目ですね、腰が痛くなってしまったんです。

そこで、始めたのが「YouTubeを見ながら運動をすること」。

同じく引きこもっている娘と一緒にやるようになたのです。

なかでもハマったのが「ハンドクラップ」というダンス。

ダンスなんて縁がない私ですが、娘が「流行っているよ」「これならママにもできるよ!」と教えてくれ、やってみると...とっても楽しい!

娘はダンスをやっていて、横で「キレッキレ」で踊るので、テンションも上がります。

細かく指導してくれるので、1週間ほどで完璧に踊れるようになりました。

なんだか腰の調子も良くなってきて、やっぱり体を動かすことはいいことですね。

すごく気持ちいい! 

家にいるストレスが、毎日の日課のダンスによって、明るくなってきています。

ハンドクラップの動画には若者、40代の方、ぽっちゃりさんなどいろんなバージョンがあるんですが、その日の気分で選んでいます。

ハンドクラップに慣れてきたので、お次は「ダイエットダンス」で検索。

とっても可愛い30代のお姉さんに魅了されました。

「私もこの子みたいな体型に戻りたい」

淡い夢を見る40代ど真ん中の私、頑張らなきゃ!

ダンスだけではなく、更にバストアップに背筋、腹筋、ヒップアップ。

暇なので時間だけはたっぷり。

2週間経つ頃には65kgあった体重が59kgまで減量できました。

嬉しすぎます!

そして1日2時間の運動を、時間を分けてですが3時間に増やしました。

面白いくらいに痩せるので、この引きこもり期間を機にみんなをびっくりさせたいと思っているのですが...。

実はこのように「楽しいこと」ばかり書いていますが、筋トレはけっこう辛かったです。

腹筋が特に。

そこで、重い体を起こす運動よりも背中をそらす背筋のほうが楽なので、背筋を重点的にやるようになりました。

するとどんどん背中をそらすことができるようになってきました。

嬉しくなっていた頃、落とし穴が。

ある日、反らした時に背中にピリッ!

あれ? なんだこれ?

すぐにやめ、両手をついて体を起こそうとした瞬間、ピキッ!

やっちまいました。

調子に乗りすぎてぎっくり腰になってしまったのです。

慣れないことはするもんじゃないですね。

体を横向きにしてそっと体を起こして呻きながらなんとか起き上がりました。

それを見ていた娘は大笑いです。

コロナの影響も考えて、病院にも行けず、夫が腰痛持ちだったので夫のコルセットを巻き、今はユーチューブでお笑いを見る日々に...。

せっかく減った体重が、もとに戻りそうです......。

関連の体験記:コロナで急に始まった春休み。45歳主婦が小学生姉妹に勉強を教えてみたけど...?
関連の体験記:50代の私がコロナの影響を受けて考えた「これからの働き方と、自分のお金の現実」/中道あん
関連の体験記:隣の若い夫婦から「付き合いを控えたい」とまで...。「天然が過ぎる」60代義母にモヤモヤ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP