50代の私がコロナの影響を受けて考えた「これからの働き方と、自分のお金の現実」/中道あん

20代で結婚して、2男1女を授かり、主婦として暮らしてきた中道あんさん。でも50代になると、夫との別居、女性としての身体の変化、母の介護...と、立て続けに「人生の転機」が訪れます。そんな激動の中で見つけた「50代からの人生を前向きに過ごすためのヒント」。今回は大変な時だからこその中道さん流の捉え方です。

前回の記事:30代までは体が軽かった...。50歳を超えて痛感した「年齢に合わせたダイエット」の必要性

pixta_31459670_S.jpg

新型コロナウイルスの影響で政府が出した4月8日からの緊急事態宣言。

大阪府民の私は、外出自粛となりました。

最後に遠出をしたのは京都に友人とご飯を食べに行った、3月27日。

それからほとんど自宅に引きこもっています。

今回のコロナショックは世界中の人に経済的に影響を及ぼし、バブル崩壊やリーマンショックの時のように富裕層に大きく影響を与えるだけではなく、どんな人も経済的なダメージを受けているのではないでしょうか。

一市民の私には経済の未来は予測不可能ですが、わずかな期間に感じたことはあります。

それは、仕事のやり方の大きな変化。

まず、価値感が変わってきています。

今まで、セミナーや講座は会議室を使い、その場の雰囲気を感じたり、直接会って聞くことができたりする「リアル感」が価値の一つでした。

でも今回の場合、それは「3密」と言われる狭い空間を共有することにつながり、感染リスクが高まってしまう...。

つまり、今は逆に「価値が低くなる」ということ。

Zoomなどのツール(※インターネットで会議ができるツール)を利用することでオンライン上で講座は可能。

やってみた感想は...実際に会う必要はないんだということ。

すでに海外ではオンライン授業が導入されているようで、日本もいずれそんな時代がやってくるのではないかと思います。

海外のクライアントさんともZoomでセッションをしていますし、太平洋を越えて仕事ができる時代になったと実感。

これからの学び方、働き方は変わるのではないかと考えます。

今まで必要だと思っていたけれども、別になくてもいいんじゃないかなと思えることもあります。

テレワークができたり、会議室に集まらなくてもオンライン会議で十分だったり。

「家でも仕事ができるじゃないか」と分かったのではないでしょうか。

私たちはいろいろな形でお金をいただいています。

従業員として働く人、私のようにフリーランスで働く人、パート主婦、会社経営者や株や不動産などの投資家。

報酬の額や、お金の貰い方は様々ですが、今回のように誰しも計算通りにいかないことが起こりうるのだということを痛切に感じました。

ネガティブなニュースが流れ、なんとなくふわふわした、地に足がつかないとでも言いましょうか、そんな気持ちを抱えている人も多いかと思います。

しかし、こんな時だからこそ「自分のお金の現実」を知ることが大事だと思いました。

そして今の生活を見直すきっかけにしようと思いました。

自分にとってちょうどいい暮らしが心地よい。

私は、起業2年目の駆け出しです。

きっと、今後、仕事の内容を変えていくことにもなりますし、コツコツとできることを積み上げていくことが次のステップにつながると信じています。

この事態が回復するのを願ってただ待つのではなく、この時間に今自分は何ができるのか、自分のこれまでに積み上げてきたことの何ならお金に結びつくのかを考えるチャンスだと思ってくれる女性が増えることを願っています。

アラフィフ、アラカンの皆さん、必読です! 中道あんさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中道あん

「女性の生き方ブログ!50代を丁寧に生きる、あんさん流」主宰。Ameba公式トップブロガー。結婚22年で夫と別居。自立した人生を送るため正社員として働いていたが、2019年2月「好きなことを仕事に」とフリーランスに転身。えいっと行動力を発揮して夢を叶える女性をつくるEitonessを提唱、ブログ講座やコミュニティの運営を 行っている。現在、社会人の長男、長女と同居。要介護2の実母は3年半同居生活の後有料老人ホームにて暮らしている。

中道あんさんのブログ:アラフィフの生き方ブログ|50代を丁寧に生きる、あんさん流

50life_cover-obi.jpg

『50代、もう一度「ひとり時間」』(KADOKAWA)

20代で結婚、2男1女を授かり、主婦として普通に生きてきた。でも50代になると人生の転機が頼まれもしないのに訪れる。夫との別居、母の介護、女性としての身体の変化、子どもたちの成長。そこから見つけた「ひとりの楽しみ」をあますところなく伝え続ける、「あんさん」流のアラフィフライフ。50代からの人生を前向きに過ごすためのヒントが満載。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

コメント一覧

50代後半、スーパーで事務のパートをしています。40代後半から就活をし散々落ちまくり、夫からは選り好みしすぎだと呆れられそれでも事務職にこだわって、2年前やっと採用されました。25年ぶりの社会復帰です。もちろん不安もありましたが驚くほど自分に合っていて、待っていてよかったと思っています。ただ、今不安な事はいつまで自分が対応していけるのかという事です。確かに昔に比べればいろいろな面で対応力がなくなっています。この先70歳を越えても自分にできる事は何だろう… 数年後にはパートではなくアルバイトになります。資格があっても経験がなければ意味がありません。ただ仕事を始めた事で、自分がやりたい事が以外と身近にある事を感じています。遅いスタートでしたが、自分にできる事を少しずつ積み重ねていきたいと思っています。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP