コロナ自粛で生活リズムが一変!猫だって...ひとりになりたい時がある/フニャコ

大きさはほぼ大人と変わらないけれど、まだまだ子どものヤンチャ盛りアヤメくんと、自分の時間も大切にしたい少しクールな8歳の乙女スミちゃんの黒猫2匹と暮らすフニャコです。

前回の記事:噛みまくる子猫が怖い...手放すことすら考えた私に、ふいに訪れた「気持ちの変化」

新型コロナウィルスの影響で生活が一変し、自粛生活で半分自宅勤務の主人と休校中の中三の娘も家に居るので(5月現在)、人間だけでなく猫たちの生活にも影響を及ぼしています。

もともと私自身は家で作業することが多く、家に居る時間は長かったけれど、それでも以前は買い物などで1日1度は必ず出かけていました。

現在は食料等を買いに外出をすることがあっても、必ず家に人間が居る状態は猫たちにとっても初めての経験です。

人間に合わせて猫たちも変わる生活リズム。

以前は午前中はゆったり過ごして、寝ていることが多かった猫たちが起きていることが多くなりました。

アヤちゃんは人がいると遊んでくれると期待して、電池切れになるまでとにかく遊びます。

遊びたくないスミちゃんにちょっかいをかけるので電池切れになるまで遊び相手になる私。

IMG_9557.PNG

IMG_9558.PNG

IMG_9559.PNG

遊びに満足して眠くなるとようやくその日の気分で適当に昼寝をはじめるアヤちゃん。

アヤちゃんが眠るとほっとします。

嵐が去った感。

でもアヤちゃんはあまり人がいようがいまいが、それほど気にしていない感じです。

相手にしてくれる人が増えてむしろ嬉しそう。

昨年亡くなった甘えん坊ぺーやんなら、ずっとべったり出来てこの状況は天国かもしれません。

人好きな子には一緒に居られる時間が増えて嬉しい限りでしょう。

一方、自分ひとりの時間も大切にしたいスミちゃんはどうなのだろう、負担になってないかなと少し気になります。

IMG_9560.PNG

IMG_9561.PNG

私は知っているのです、スミちゃんがアヤちゃんや人間に見つからないようにこっそりと2階へ上がっていく姿を...!

クローゼットの奥で眠るスミちゃんを。

IMG_9562.PNG

IMG_9563.PNG

スミちゃんがクローゼットで寝ている時はあまり近づかないように気をつけています。

人間が猫に気を遣っているにも関わらず...

猫側はこちらに遠慮なしです。

IMG_9564.PNG

その遠慮ない姿が、何気ない動きが、現在のストレス溜めがちで、先が見えず不安な心を癒してくれています。

猫たちの行動ひとつで顔がほころぶ単純な私たち。

普段こんなにも癒しをもらってたんだなあと実感しています。

この大変な時期を、猫たちへの感謝も忘れず、いっしょに乗り越えていきたいと思います。

1日も早く収束することを願うばかりです。

亡くなった猫・ぺーやんとの日々も...。フニャコさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

フニャコさんのイラスト、記事の大ファンです。猫というわがままで愛すべき生き物の様子を的確に愛情深く上手に描いていて本当にスゴいなと思います。温かいご家族の様子とともに毎回ほっこりです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP