噛みまくる子猫が怖い...手放すことすら考えた私に、ふいに訪れた「気持ちの変化」/フニャコ

2匹の黒猫と暮らすフニャコです。

前回の記事:隣のキャットフードはおいしく見える!? シニア猫と子猫の「食事問題」

先住猫のスミちゃんは8歳で、人間の歳で考えると我が家で最年長になりました。

一方新入りのアヤちゃんは人間の歳では小学生。

ヤンチャ盛りです。

捨て猫のアヤちゃんを保護したばかりの頃、「小さな頃はあっという間だから楽しんで」「子猫の可愛らしさを堪能して」というアドバイスをいただいていました。

もちろん可愛いと思っていました。

あんな小さな子猫と接する機会が無いので写真もたくさん撮りました。

しかし、今となって言えることですが、当時は可愛さよりも不安や悩みのほうが遥かに大きく「つらい」の一言でした。

とにかく毎日が「つらい」。

正直な所、アヤちゃんの行動すべてがストレスになっていました。

IMG_9184.PNG

じっとしているのは眠っている時しかないし、スミちゃんにつっかかるし、何もしなくても噛む、噛む...とにかく噛む!!

猫に対して「怖い」と感じるのは久しぶりでした。

まだこの子だけならなんとかなるかもしれないけど、スミちゃんとずっと暮らしていかなくてはいけない。

今後一生スミちゃんはストレスを溜めながら過ごさなくてはいけないのではないか...。

一緒に暮らすのは無理なのではないだろうか?

噛み癖は治るのだろうか?

里親募集も考えましたが、こんな暴れん坊を可愛がってくれるのだろうか?

そもそも里親募集をしたことがない私が里親を探すことができるのだろうか?

と不安ばかりでした。

そんな頃、実家でも捨て猫を保護して家族に迎えていました。

IMG_9185.PNG

血統書付きなのではないかと思うほど可愛らしいマロちゃん。

小さな可愛らしい声で鳴く、見ているだけで笑顔になるおとなしい女の子。

(今ではアヤちゃんもびっくりのおてんばっぷりですが)

羨ましい...!

この子ならスミちゃんと上手くいくんじゃないかな、家に先に迎えたのがマロちゃんだったら...などと本気で考えたりもしました。

可愛いな。

マロちゃん可愛いなあ...。

もちろん保護した時、アヤちゃんを放っておくことはできませんでしたし、保護したからには、同じように愛情を注いで...という気持ちはありました。

ただ、その頃もし「家族に迎えたい、幸せにしたい」という方が現れたら、葛藤無く託せる程度の愛情でした。

とにかく自信がありませんでした。IMG_9186.PNG

そんな不安な気持ちのままでしたが、スミちゃんがアヤちゃんに対して優しかったこと、家族が「もう手放せない」ほどの愛情が芽生えていたこともあり、家族として迎えることとなりました。

猫たちのお世話はほとんど私。

試行錯誤しながら、猫たちと接し、仲の悪さに悩み、面白いしぐさに笑い...。

だんだんと毎日のスケジュールが決まってきました。

決まった時間に起き、ごはんを食べ、昼寝をして...。

もちろんその合間には猫たちのバトルもあり、仲裁するのも日課ですが、そんな毎日でも「慣れ」てくるものですね。

そして心に余裕が生まれて気持ちも安定してきました。

慣れというのは本当にすごい!

アヤちゃんが来てからどのくらい経った頃でしょうか。

「可愛い」のです。

あれほど頭を悩ます心配の種で、可愛がってくれる人がいれば手放したいなどと考えていたアヤちゃんがとてつもなく!

物陰から半身を出してこちらを伺う姿が。

悪いことを考えているやんちゃなまん丸お目々が。

短く、ピコピコ動く尻尾が、細マッチョな身体が、ダミ声が...。

爪を切ろうとしたり、嫌なことをすると噛みますが、もはやその姿すら可愛い。

ええそうです、いつしか親バカになっていたのです。

一緒に家族として過ごす時間が経てば経つほど、家族としての絆が知らず知らずのうちに深まってきていました。

目を覚ますと顔の横にアヤちゃんがいる時がある。

それだけで幸せな気持ちになります。

IMG_9187.PNG

IMG_9188.PNG

撫でると噛まれましたが、それでも可愛い。

以前の不安がっていた私に教えてあげたい!

頼りない飼い主ですが、家族として過ごすことでだんだんと家族になってきていたのですね。

今、マロちゃんとアヤちゃんを交換するかと聞かれたらすぐ断ります。

もちろんマロちゃんも相変わらず可愛くて大好きですが、うちの子はアヤちゃんとスミちゃんの黒猫コンビです。

まだまだ、スミちゃんとの仲を取り持つことは多いですが、ゆっくりと、大切なふたりが仲良く、より良い暮らしができるようにサポートできればいいなと思います。

未熟な飼い主ですが頑張ります!

亡くなった猫・ぺーやんとの日々も...。フニャコさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

子猫は、兄弟で喧嘩して、ここまで、噛んだら、本当の喧嘩なるとかを、学ぶのです。早くに親や、兄弟と離れると、加減を知らない子になるみたいです。スミちゃんが、教育してくれるかも?だから、喧嘩なっても、仲裁しないで、ちょい、放置してみては?人に噛む時は、大袈裟に痛い!って、言っていたら、分かってくれる時も、ありますよ。
こんばんは。いつもありがとうございます。応援する気持ちを上手く伝えられているのか自信がないけれど、これからも応援させて下さいね。
今日のふにゃこさんストーリー 涙が出てきました ふにゃこさんファミリーが ずーっと幸せに
フニャコさんのお気持ちがものすごく率直に書かれていて、とても参考になりました。暴れる子猫を常に相手にしていたら、愛情よりも噛まれる痛みや恐怖が勝ってしまう時期があっても無理はないですよね。それが記事になっているのは貴重なものに感じました。 ありがとうございました。 アヤちゃんが無事に家族の一員としておさまり、本当に良かったですね。
はじめてコメントします。 うちの2匹目に迎い入れた仔♂も野良猫で生後2ヶ月位でした。3才過ぎの♀が居ましたが、未だに仲が悪くて(泣)とにかく先住が避けています。この子もあやちゃんそっくりです!いつも共感してます。とにかく悪魔の子と思ってた時期は3年位ありました(笑) 食い意地が凄い、とにかく噛む噛む…。触れるのは寝てる時。私が歩いているだけで飛び付いて足を噛む。一緒に寝てくれるけどスイッチが入ると、布団に潜らないと流血に何度もなりましたが狂暴猫に変身します!未だにスイッチに気をつけてますがまだたまに入ります。私も受け入れて後悔もありましたが、こんな狂暴な子を他人に渡す訳にはいかないと決めました!そのうち赤ちゃんの可愛らしい仕草や行動に癒され、今では悪魔から愛しい天使に見えます(笑)男の子だからか、先住と違い甘えん坊です。ついて歩いてついてくる、おしゃべりも多くて会話も出来るし、エアにゃーもしてくれます。先住とも仲良く追っかけっこしたりする事もありますが、適度にお互い距離もっていますね。いつの日か猫団子が見れる時が来ます様に。噛むのはビビりかなと今では思っています。
フニャコさんの回想、同じ猫飼いとして共感を持って読ませていただきました。 うちも赤ちゃん時代に迎えた、2匹の野良出身の猫と暮らしています。 子猫時代は私の手を噛む事ありましたが、噛んだら直ぐに本人の耳元で大声を出して大げさに痛がっていたら、効果あったようで直ぐに収まりました。 猫って大音量を嫌いますもんね。 双子猫で今7歳になりますが、どちらも私が流血事態になった記憶がありまりません。 猫にも個体差があるのは承知していますが、アヤちゃんも最近は段々と落ち着かれたようで少しホッとしています。 フニャコさん何度も痛い思いをされたのに、今日の記事に救われた思いでいます。
フニャコ勇者はレベルがあがったんですね! 私はまだ薬草を食べないと回復できないぐらい噛まれます。。 あたしも勇者になれるように日々戦います。勇者フニャコになれる日まで!
分かります・・・!うちもふにゃこさん家と同じ様な状況になり、10歳+のじいちゃん猫を飼っていた所にノラ猫一家がベランダに来た・・という友人に頼まれ子猫をひとり引き取り。じいさんを尊重して!という人間の言葉など子猫に通じるはずもなく、毎日が胃痛でした。でも本当にふにゃこさんの様に、いつしか慣れ、なんだ可愛いな!となりました。5年程たった今でもラブラブごろにゃんな仲ではありませんが、まあ一緒に過ごしても問題なくなりました。
うちも同様でした。ばあちゃん猫とまったり暮らしているときに、野良子猫を拾ったのです。この子猫が、まあ噛む噛む。私は噛まれたら噛み返しました。ガブッと。頭小さいから口の中に入れる勢いで。あっというまに噛み癖はやみ、ばあちゃん猫ともどうにかうまく暮らせました。そのばあちゃん猫も天寿全うし、かつての子猫は今穏やかな大猫になっています。私の方法はおすすめできるかどうかはわかりませんが、効き目はあります。
いつも楽しく拝見しております。コメントは、ぺーやんがお空へ昇って行った時以来です。 我が家も5歳になる雌猫2匹と7か月の雄の仔猫を飼ってます。仔猫を譲り受けたのは、5か月前です。仔猫はとにかくヤンチャで、姉さん達に突っかかるは、噛みつくはで、姉さん達は外耳炎になったり、お腹を下したりしました。何度か主人と仔猫を里子に出すことを考えました。 でも、今はもう、どこへもやる気はありません。姉さん達は、少しずつですが、仔猫を受け入れてくれています。仔猫も、少しずつですが、姉さん達に噛みつくのが減ってきました。何より、私自身が仔猫が可愛くて仕方ありません。 3匹が猫団子になる日はまだまだ先になりそうですが、私も焦らず、ゆっくり、3匹が仲良くなれるようにサポートして行きたいと思いました。 これからもスミちゃんアヤちゃんコンビの楽しいお話、楽しみにしてます!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP