出会えた!「母の認知症」を深く理解してくれる...この先生についていくわっ!!/ワフウフ

みなさんこんにちは!

ワフウフです。

前回の記事:よ、予想以上に進行してる⁉ 先生から告げられた「母の認知症テスト」の結果は...

新しい認知症の病院から改めて「アルツハイマー型認知症」と診断された実母・あーちゃん。

認知症の先生は、

Image.jpeg

と力強くおっしゃいました。

Image (1).jpeg

あれ、先生見てた⁉︎

...と思うくらい、母の状態を理解してくださっている様子の認知症の先生。

更に先生は、

Image (2).jpeg

と、おっしゃいました。

その時、糖尿病の先生には母の認知症の薬を2種類出してもらっていました。

母はもうそれで対応できる段階ではなく、しかも処方されている2種類の薬のうちの1種類が副作用でパーキンソン症状が出るのです。

糖尿病の診察の時に認知症の薬を一緒に処方していただくのは楽だしありがたかったのですが、糖尿病の先生は母の足の異変を相談しても「筋力の低下だ」と言ってろくに診てもくれませんでした。

関連記事:常にハイヒールをはきたがる認知症の母。でもどんどん「歩き方」がおかしくなって...⁉

それに対して認知症の専門医の対応は大変信頼できるものでした。

母の自宅から認知症の病院は少し遠かったのですが、それでもこの先生に母を診てほしいと強く思い、通院を決めました。

Image (3).jpeg

この後色々あり、認知症の診察以外のことでも先生には大変お世話になりました。

この先生が母の人生の転機を作ってくれたと言っても過言ではありません。

Image (4).jpeg

そして、母は今でもこの病院に通院しています。

【次の記事】認知症の母の「年金保険」を半分渡せ? お金に汚い父がとんでもないことを言い出して.../ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に! ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP