よ、予想以上に進行してる⁉ 先生から告げられた「母の認知症テスト」の結果は.../ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

前回の記事:口達者に見えたけど...初めて目の前で見た「母の認知症テスト」で受けたショック

認知症の新しい病院へ行き、診察を受けた実母のあーちゃん。

身体の動きのチェックや長谷川式認知症スケールテストも終わり、先生はにこやかに

Image.jpeg

と、言いました。

ワフウフたちはお礼を言い、椅子から立ち上がって診察室の外に出ようとしていました。

看護師さんに血液検査のため別室に連れて行かれた母を見届けると先生は小さな声で

Image (1).jpeg

とワフウフたちを呼び戻しました。

母抜きで話をすることを母が気にするだろうと気にかけてくださったのです。

細かい配慮に感激でした。

しかし、先生からの話は予想していたとはいえショックなものでした。

先ず、動きが気になっていた足だけではなく、手にもパーキンソン症状が出ているということ。

これについてはいくつか原因が考えられたのですが、服用している認知症の薬の副作用にパーキンソン症状があげられていることから、その薬の服用を止めるところから始めてみることにしました。

そして、長谷川式認知症スケールテストの結果は...

なんと、11点でした。

Image (2).jpeg

1年半程前にテストを受けた時には22点でした。

認知症かどうか診断するにはまだ微妙な程度の数字だったのです。

なのに、たった1年半で半分の点数に...!

あと1点足りなければ高度認知症と診断される数字です。

Image (3).jpeg

母の認知症の進行は感じていましたが、それを数字にされると改めてショックでした。

その後、先生の指示によりMRIとSPECT検査を受けた結果、母は「典型的なアルツハイマー型認知症」と診断されました。

先生は母の前ではっきりと母がアルツハイマー型認知症であることを伝えたのに、母にはもう先生の言葉がまるで理解出来ませんでした。

Image (4).jpeg

それくらい、母の認知症は進行していたのです。

【次の記事】出会えた!「母の認知症」を深く理解してくれる...この先生についていくわっ!!/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に!ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP