決してセンスが悪くない義母だけど...年代の違いなの⁉ 旅行土産でくれる「う~ん」な置物たち...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ロッテンマイヤー
性別:女
年齢:52
プロフィール:周りの人の優しさに助けられて日々生きてます。

16.jpg

義母は70代後半です。

約10年前に義父が亡くなり、うちから小一時間ほど離れた町でひとり暮らしをしています。

明るく朗らかな義母は友だちも多く、誘い誘われてちょくちょく日帰りや1泊程度の旅行を楽しんでいるようです。

そんな義母に対して、少し困っていることがあります。

義母は旅行へ行くたびに、どこそこへ行った、あれが良かった、楽しかったというお土産話とともに、必ず何がしかのお土産を持って来てくれます。

その土地の銘菓や名物の食べ物なら「美味しくいただいて終わり」なので、ありがたいですよね。

ですが義母が持ってきてくれるお土産は、置物や飾り物。

義母がセンスが悪いとか趣味が悪いとは決して思わないのですが、やはり年代が違うからか「う~ん......」と思う物をいただくことが多いのです。

先日、北海道へ行って来たと聞いた時は、「え! 北海道! いいなあ、お土産楽しみだなー」と、北海道物産展で人気のお菓子や海鮮物を想像していました。

「これ、表情がなんとも言えないくらい可愛いでしょう!」

満足そうに微笑む義母から渡されたのは、鮭をくわえた木彫りの熊でした。

これってまだ実在するお土産だったんだ......と、驚きでした。

「あんまり可愛いからうちのも買ったのよ、玄関に置こうと思ってーお揃いよー」

「ほ、ホント......可愛いですね......」

にこやかに笑う義母に、そう答えるしかありませんでした。

帰宅した夫に見せると、私と同じ反応です。

「お義母さん、玄関に飾るって言ってらしたけど、うちは飾らなくていいよね......?」

「飾らないでよー!」

夫がそう言ってくれたので少しほっとしました。

ですが次に義母が遊びに来た時、飾っていなかったら、どうして飾らないのかと不審に思うのではないか。

義母が来る時だけは飾ったほうがいいのだろうか。

そんなことばかり考えて、必要以上に疲れてしまいます。

それからは、事前にどこかへ行くという話を聞いた時は、あらかじめ夫から「〇〇県なら△△が名物で美味しいよね。食べたいなー」などと言ってもらうようにしています。

すると、喜んでお土産に買って来てくれる気のいい義母です。

ただし、それプラス「これも可愛くてつい2つ買っちゃってー」と「うーん......」な置き物も渡されることも多いのです。

「お義母さん、ちょっと趣味じゃないんで、あんまりお金使わないでくださいねー」

心の中だけでつぶやいています。

それでも楽しそうな義母の顔を見ていると、ま、いーか、と納得する今日この頃なのです。

関連の体験記:「お母さん、嫌い」子供に言われて思いついた「やってはいけない貯金」。予想以上のその結果は...?
関連の体験記:娘にそんなこと言わないで!デリカシーがない義父、帰省のたびに胃が痛みます...
関連の体験記:義母が記念日のたびにくれるプレゼント。ありがたいけど、いつも絶妙に「不要」なもので...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

ミニチュアのトーテムポールや埴輪の貯金箱、土偶の置物を買ってくる友人母にはかなうまい。友人弟嫁さん、我慢しすぎなきゃいいけど。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP