「どこか変わったと思わない?」と得意顔の夫よ...。頼むからキッチンのレイアウトを勝手に変えないで!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ペーター
性別:女
年齢:52
プロフィール:妄想海外旅行が趣味。

13.jpg

夫は50歳。

時間を見つけては部屋の模様替えをするのが好きな人です。

自分のテリトリーをいじる分にはかまわないのですが、時折キッチンにまで踏み込んでくるので困っています。

1人暮らしが長かった夫は、昔はよく料理をしてくれたのですが、ここ10数年はほとんどしません。

私が仕事でいないお昼に、自分が食べる簡単なものを作る程度で、それも数カ月に1度あるかないかくらいです。

そのたまの料理の際に、鍋やボールの場所、おたまの位置などが気に入らなかったりすると、勝手に配置替えをするのでムカついています。

たしかに、私は片付けがあまり得意ではありません。

夫からすると綺麗にしてやろうと思ってやっているのでしょうが、はっきり言って迷惑です。

調理器具もそうですが、パントリーの中の乾物や缶詰の場所を変えられると、確かここに置いたのに......と探し回ることになり、とても非効率なのです。

しかも、夫は自分ではすごく片付けられていると思っているようですが、そうでもありません。

実際には紅茶の置き場が3カ所にバラけていたり、コーヒー豆とワカメが同じカゴに入っていたりと、カテゴリーがめちゃくちゃで、驚かされます。

また、夫は左利きなこともあり、私とは包丁の差し方ひとつをとっても逆なのです。

「夫が使いやすいようにする」ということは、「私にとっては使いにくくなる」ってことに気づいていないんですね。

引き出しに並べているお箸やスプーン、フォークなどの向きが全部逆になっていて、「なんでやねん!」と思ったこともあります。

ただ、夫は、やってあげたんだから喜んで欲しいようで、私が帰るなり「どこか変わったと思わない?」と、得意げに言います。

そのたび、「ああ、またなんか片付けたな」とうんざりさせられます。

そして案の定夫がいくら綺麗にしたつもりでも、私には使いづらい以外のなにものでもありません。

また少しずつ使いやすいように戻していくことになります。

やっと使いやすくなったと思うと、また数カ月ぶりにキッチンを使った夫の手によって改革(悪?)されるのです。

また戻さなければいけないのか......とうんざりしてしまいます。

もちろん何度か夫に迷惑だからやめて、と面と向かって言ったことはあるのです。

それなのに、聞いていないのか忘れるのか、しばらくたつとまた性懲りもなく配置替えをする夫。

いつまでたっても改善されな夫と私のいたちごっこです。

それもあって、いくら夫が得意げにしていても極力スルーしているのです。

全然私の話を聞いてくれないのだから、お互い様ですね。

関連の体験記:「なんで謝るんだ!」短気な夫が公園でおじさんと怒鳴り合った挙句、謝罪した娘にまで怒り出し...
関連の体験記:どんな予定にも「お袋も誘うか」という夫。決して嫌いではないけど...モヤモヤが止まらない!
関連の体験記:42歳で本格的に働き始めた私。以前は気にならなかった母の口癖「かわいそうに」が重荷に感じるように...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP