「ちょっとだけお茶しようよー」コロナで「自粛したい私」に何度もLINEをくれるママ友...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:このこ
性別:女
年齢:46
プロフィール:自粛生活で体型が更に崩れてきている気がします......。

6.jpg

46歳の主婦です。

首都圏ではありませんが、私が住む地方でも自粛ムードです。

学校も休みになり、公営施設も全てお休みになっている状況です。

いつも混んでいるレストランの駐車場は空いていて、自主休業されているお店も見かけます。

私も「自粛しなくてはいけない」と、自分はもちろん、中学生2年生と小学生5年生の子どもにも言い聞かせ、家の中で過ごしたり、人の少ない田舎道を散歩したりしています。

しかし...「ママ友歴13年の友人」からのお誘いが止まりません。

ちなみにその友人とは、コロナショックの前は月2回ほどランチに行き、たまに夜お酒を飲みにいくこともありました。

明るく何事にも前向きな性格のママ友で、人間として大好きで、一生付き合っていきたいと思っていました。

しかし、先ほども述べたように、私は「今、不要な外出は自粛するべき」という考えです。

日々の生活を気を付けていますが、スーパーなどで自分が感染している可能性もあります。

万一にも友人に感染させてしまったら、「申し訳ない」では済まされません。

大切な友人、そして友人の家族まで感染させてしまったらと思うと怖くてなりません。

逆の考え方ももちろんあります。

私がママ友と会ったことで感染し、家族を感染させてしまったら......そう思うと、私にとっては「会わない」のが一番なんです。

医療現場も大変な状況と聞きますし、これ以上感染拡大をさせないためにも、一人一人の意識が大切だと思うのです。

しかし、友人は...コロナだろうがなんだろうが、会って、おしゃべりをしてストレスを発散したいと言うのです。

活動的なママ友なので、今の自粛ムード、そして時間が有り余っているという状態に耐えられないのでしょう。

「若い人は大したことにならないっていうし!」

「自粛自粛でストレスたまっておかしくなりそう」

「ちょっとだけでいいからお茶しようよー」

「どうせ数年したらインフルエンザみたいな扱いだろうしさ」

「マスクするよー」

などとラインで誘われます。

「今は自粛した方がいい」

「万一感染していたら大変」

「一人一人の行動って大切だよ」

何度も言って断っていますが、話は平行線です。

始めのころは遊びたいんだなぁと思っていましたが、非常事態宣言が出ているのに誘ってくるママ友にうんざりし始めています。

今回の件で、彼女とは「価値観の違い」があるということが分かってしまいました。

彼女のことは変わらず好きですが、今後は一線を引いたお付き合いになってしまいそうです。

関連の体験記:発見した時、怒りで体が震えた...私があげたものをフリマアプリで売っていた友人
関連の体験記:「寝室も見せてよ」ランチに招いた仲良しの同僚。自宅を見せると、とんでもないことに...
関連の体験記:「おなかが痛い」3日後に高校受験の息子を襲った悲劇と、逆境でもたらされた奇跡

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

こう言う時庭その人の本質がわかる事がありますね。よかったんじゃないですか。お付き合いを控えられたら。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP