か、勝手過ぎる! 唐突な義父の「訪問リハビリやめる宣言」にブチ切れてしまい.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:「ワシのほうがマシ」のコメントに唖然。デイサービス仲間を義父が勝手に撮影し...⁉

ゴタゴタしながらも順調に進んでいた義父の土曜日デイサービス利用。

一方、火曜日の訪問リハビリも並行して利用を続けていました。

先日の担当者会議の際、デイサービスの利用を始めたら訪問リハビリはどうなるか聞いてみたところ、ケアマネおーさんもデイサービス管理者のカワイさんも

1.jpg

「並行して行った方がいい」と強く勧めてくれたのです。

少しでも歩行が持続可能となるように各事業所が義父のケアプランを真剣に考えてくれて感謝しかありません。

ただ、利用する当の本人はどう思っていたのか?

担当者会議の最中、義父は何も言わず黙ったままで

2.jpg

この時点では定かではなかったのです。

それからしばらく経った火曜日のこと。

いつものように訪問リハビリがあったのですが、最初にバイタルを調べていたあたりでしょうか?

ヤマモトさんの「えええ~っ」と驚く大きな声が聞こえてきました。

私は隣のキッチンに居り、大急ぎで居間へ駆けつけると

3.jpg

再び慌てたようなヤマモトさんの声。

「へ? 私に確認?」

一体何のことでしょう?

4.jpg

何とまぁ、義父の『リハビリやめる宣言』があったというのです。

担当がヤマモトさんに代わってから、「もしかしてソリが合わないのかな?」と薄々感じてはいましたが、義父の口から「やめる」という言葉が出たのはこの時が初めてでした。

5.jpg

6.jpg

デイサービス『つるさん』に通い始め、大いに気に入ったのは実に結構なことなのですが、果たして義父の思い通りにいくものなのかどうか...?

ましてや義母が通っているデイサービス『かめさん』をやめさせ、こちらも『つるさん』に通わせたいというのはあまりに自分勝手な提案です。

『かめさん』がとてもよく合っていて、ここに通っているお陰で何とか現状を保っている義母なのに...。

7.jpg

おそらく前もって言ったら絶対ヨメに止められると思ってヤマモトさんへの直訴に至ったのだと思いますが、こんなこと、私が受け入れられるわけがありません。

8.jpg

義父の身勝手な言い分にブチ切れた私。

9.jpg

義父と激しい言い合いになりました。

10.jpg

11.jpg

二人でケンカしてても埒があきません。

結局この日はリハビリどころではなくなってしまい、ヤマモトさんには申し訳ないことになってしまいましたが、この件はケアマネさんに下駄を預けることとなりました。


続きます。

義父母の介護での「事件&エピソード」満載!山田あしゅらさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。

義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。

義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。

在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP