いつまでも父の手をさする母...認知症の父を施設に送り届けた、忘れられない光景/ゆるゆらり

介護福祉士をしながら、漫画で、実父の介護の日々、介護職のあれこれを綴っています、ゆるゆらりです。

前回の記事:「デイサービス」を離れ、アラ還で「訪問介護」の世界へ! その違いと共通点って⁉

父の介護生活が始まって、五年たったころ‥

母と二人で暮らす「老老介護」の日々に限界が近づいて来ていました。

老々介護の限界1 (1).jpg老老介護の限界2 (1).jpg

六十年、二人で手を携えて生きて来た二人。

最後まで、二人は一緒にいて欲しかった‥それは、偽らざる私たち姉妹の気持ちでしたが、

母の人生は父がいなくなっても、続くのです。

介護で燃え尽きてはならないと。

その判断は正しかったと今でも思っています。

ただ、母が父の手をさすり続けていた時、父も全てを理解したように穏やかな表情で‥

あの、たとえようもなく、きれいで哀しいシーンは、未だに鮮やかに脳裏に浮かびます。

アラフィフで主婦から介護の仕事へ!? ゆるゆらりさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆるゆらり

ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメント一覧

切ないですね。これが最善の方法だと何度も自分に言い聞かせても、やっぱり涙が出るほど切ないことってあります。そういう出来事は心の中で全然風化せず、いつまでも忘れられず、何度も思い返しては切なくなります。イラストがあったからだけじゃなく、お母さんがお父さんの手をさすってる状況がリアルに目に浮かんで泣けてきました。とても些細な出来事かもしれませんが、家族で介護をしてる人たちの心に響く体験だと思います。
涙が出ました。 私の実家も、父親の介護を母が背負って8年目に入ります。 できることは手伝いたいけど、実家から車で25分の距離は、気軽に、いつでも行くのは難しいです。 父は、依頼心の塊で、母に頼りっきり、どんどん機能が衰えて介護が重くなってます。 母は疲れています。 母と二人で、もう十分したな!そろそろ死んでくれてもいいわ。こっちが先になるわ、など話しますが… 娘の私では、到底真似できない位、父の生活全般の介護をこなしている母。 おかんこさんのご両親に重なりました。切ないです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP