「人生迷ったら面白そうな方へ進め」父の言葉を背中を押され、アラ還で...!/ゆるゆらり

アラフィフでヘルパー始めて、介護のあれこれを漫画で発信し続けています、ゆるゆらりです。

前回の記事:いつまでも父の手をさする母...認知症の父を施設に送り届けた、忘れられない光景

もともと、専業主婦から介護の仕事を始めたのは、20年に渡る姑との同居にほとほと嫌気がさして、なんとか一人になれる空間が欲しくて、その資金稼ぎのためでした。

めでたく、一年目には、近所のワンルームマンションをこっそり借りたのですが‥。

自分の城を持ちたかった訳1.jpg自分の城を持ちたかった訳2.jpg

介護の仕事と、漫画イラストの仕事での稼ぎ‥決して独り立ちに充分な額ではありませんし、安定しているわけでもありません。

ただ、どっちが面白いかって言うと‥

思い立ったその日に、賃貸サービスの不動産会社に行って、少しお高めの家賃、四万二千円のワンルームを契約していました。

「人生、面白い方に進め!」

‥だよね!父ちゃん!!

アラフィフで主婦から介護の仕事へ!? ゆるゆらりさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆるゆらり


ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP