え、娘の時は...⁉「今回は男孫やけんな」と田舎の両親が息子の学費援助を申し出てくれたけど...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ユリアン
性別:女
年齢:50
プロフィール:主婦。最近、孫に対する実両親の考え方に悩んでいます。

20.jpg

50歳になる主婦です。

もともと四国の田舎育ちで、地元はいまだに「男が家を継ぐものだ」と言う方が多い地域です。

私には旦那(53歳)と娘(20歳)と息子(17歳)が居ます。

娘は大学2年生、息子は春から大学へ進学します。

2人とも大学は違いますが、家から通える距離の大学に進学してくれたので、今のところ下宿などは必要ない状況です。

しかし、2人とも私立の大学への進学なので、正直なところ学費は安くはありません。

もちろん私達夫婦も子供たちの進学のことは見越していたので、学費を賄えるよう貯金してきましたし、これからも2人が卒業するまではそれなりの節約をしてやり繰りしていくつもりです。

そんな折、息子が私立の大学へ進学することを私の田舎の両親に伝えると、なんと「息子の大学資金を援助しようか」と言ってきてくれたのです。

それ自体は本当にありがたい話でした。

ただ、現在娘も同じように私立の大学に通っています。

娘の時は、お正月に帰省した時に直接伝えたのにそうは言ってくれなかったので、なんとなく気になり、後日それとなく両親に電話で理由を聞いてみました。

すると実両親の口からびっくりするような本音が飛び出しました。

「今回は男孫やけんな。女の方は、そんな大学に行かさんでもよかったんちゃうかと今でも思とるくらいじゃ」

平気でそういう姿に...あきれました。。

つまり、同じ孫だというのに娘は『女』だから学費を援助せず、息子は『男』だから学費を援助するということです。

子供の頃、幼なじみの女の子が「うち、生まれた時に爺ちゃんに『女やいらん子じゃ。家が絶えてしまう』って言われたらしい」と泣いていたのを思い出しました。

子供心に「なんてひどい!」と思ったのを覚えていますが、まさか自分の親も同じような考えの持ち主だとは今まで思ってもいなかったので、かなりショックでした。

その後両親は「大学のお金を用立てるから口座を教えて欲しい」と言ってきたので、私は恥ずかしながら旦那に両親の申し出を断ることと、その理由を正直に伝えました。

「残念だけど、たぶんその考え方はもう治らないと思うから仕方ないと諦めよう。そして援助に関してはそこまで困ってはいないのだから、きっぱりと断ってしまおう」

旦那はそう言ってくれました。

その言葉で、私も少し落ち着くことができました。

しかし、同じ孫にも関わらずそんなふうに思われていた娘が不憫なのと、そんな考え方をする両親だということが分かってしまったことが、心に暗い影を落とし続けています。

今後もいろいろとありそうで毎日モヤモヤしています。

関連の体験記:「柿は柔らかい方がいいのよ!」他人の悪口を言わない明るい義母の「唯一の難点」は...
関連の体験記:「こんなに守られていたんだ...」娘が18歳になり「児童扶養手当」の受給が終了。そのありがたさを痛感...
関連の体験記:義母が記念日のたびにくれるプレゼント。ありがたいけど、いつも絶妙に「不要」なもので...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

いわゆる江戸っ子な私の両親も、そういう考えでしたよ。 私は女の子二人産みましたが、婚家に申し訳ない跡取りどうするんだ、と。 はっきり言い返しましたよ。 跡取りなんてくだらないモノいらない、義実家も実家も皇室じゃないんだから滅んだってかまわない、私は女の子しか産んでないから貴方たちのように男女差別する子育てしなくてすむから良かった。と。 そこまで言って初めて、自分達が弟優先だったことに気がついたみたいです。 今の子育て世代が、男の子=跡取り、なんてくだらない単語を死語にしてしまえるよう願うばかりです。
個人の考え方にも寄るとは思いますが年代なんでしょうか…。私の母(80代)は、女孫が欲しくて2人目が女児だった時にとても喜びました。しかし、夫の父(70代)は1人目の長男の時はとても喜んだのですが、長女の時は… 義父は男しか産院まで見に行かないと聞いて驚きました。夫の妹にも子どもがいますが義父は生まれた子が男児の時だけ『でかした!』と言って産院に来たけど他の女児孫の時は実娘の出産でも産院に足を運ばなかったとか。 もちろん、入学などのお祝いも長男と長女では金額が10万違います。男子は跡取りだから。しかし、我が息子は今の時代の子。好きになった女性が姉妹なら養子でもいいなんて言ってます…義父には言えませんが。
今まで気付かなかったということは、今まで明らかな差別をされてこなかったということですよね。20年も。それで十分かと。近くに住んでるならまだしも、娘さんが祖父母に会う機会はこれからますます減りますし。 娘さんはきっとそんなこと気にしないとは思いますが、わざわざ伝える必要もないし、投稿者さんの胸に留めておけばなんの問題もないことです。投稿者さんご自身が「女の子」だったから、自分と重ねて引っかかってらっしゃるのではないのかな?
地元では、女の子を産んだばかりの母親が夫に殴られた話もあります。 産めもしない男性が性別に注文付けるなんてとんでもない。 ワガママ言わず、出産と言う戦場を勝ち抜いた女性を、夫は尊敬し労るべき。 跡取りの話がありますが、自由奔放な息子は親の介護ひとつせず、娘が立派に跡を継いだ例はたくさんあります。 いまだに跡取り云々で女性蔑視する輩には、お前は誰に産んでもらったか?と説教したいですね。
お前は誰に産んでもらった?に1票!その通り!
うちの義母も、私が立て続けに女の子を出産した時に、家が途絶えると言いましたよ、 はあ?たいした御家柄じゃあないでしょう?こちらは、痛みに耐えて出産したのに!その後、、義母が願った男の子が産まれましたが、いろいろと無理難題を言ってくる。 時代錯誤過ぎて、義母とは、話をしなくなりました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP