老人ホームを「断固拒否」する認知症の叔母。夫の「渾身の説得」の行方は...⁉/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、超人気ブログ「カータンBLOG」からご紹介!

前回の記事:荒れ果てた「認知症の叔母の部屋」。薄れる記憶に抗うような「メモ書き」が切なくて...

前回の続きです。

夫が話していたように

叔母は何度もこの話をした。


4

夫がその都度、否定するが・・・

1

いやいや、

本当に耳が遠いようだ。

2

夫よ、ここは4人部屋。

まして休日の夕方、

他の患者さんのところにも

見舞客は来ているわけで・・・

私はヒヤヒヤした。

3

叔母は、ホームには入らないと言い続けた。

4


5

私の出番だ!

7

蹴りは夫への『ヤ・メ・ロ』のサイン。

叔母だって・・・

喜んで迷惑かけているんじゃないし

それはちょっと叔母が気の毒。

でも、夫の気持ちもわからなくはない。

亡くなった義母と叔母は

嫁と小姑のよくある犬猿の仲で・・・

義母は生前良く言ってた。


6

義母が亡くなったとき、

その日記を探してみたけど

8

結局、

日記が見つからなかったことで

真相は謎のままだが

母親と叔母が不仲だったため、

夫は子どもの頃から

叔母とはほとんど付き合いがなく、

そんな中で、

夫は精一杯やっていると私は思う。

それが全部覆されたら

腹が立つのもよーくわかる。


16

そ、そっち???

10

叔母は言った。

12

ふたりの意見は平行線。

13

ふたりとも声が大きい!

7

蹴りは、「メ・イ・ワ・ク」のサイン。

こうやって何度、

夫の椅子を蹴ったことか!

そのあと、叔母は駄々っ子のように

同じ言葉を繰り返すだけ。

11

ついに夫は堪忍袋の緒が切れ・・・

14

えっ?

私を置き去りにして出て行った?


15

日頃、母から鍛えられてる私、

もしかしたら・・・

上手く伝えらえるかもしれない!

もう私、やるっきゃないわ。

次回で一旦この話は終わり。

叔母は、気持ちを変えてくれるのか?

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
何度夫の椅子を蹴ったことか・・・夫の言うことは、すべて正論。でも、同じ女として、私は叔母の気持ちがわからなくもない。寂しいのだ。優しい言葉の一つも掛けて貰えず、ただ正論で押し通されたら、意固地になってしまう叔母の気持ち。ここは、情に訴えるしかない。

面白エピソード満載!大笑いしちゃうかも⁉ カータンさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

■転載元

カータンBLOG あたし・主婦の頭の中


51I38ZN1AiL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

『健康以下、介護未満 親のトリセツ』

(カータン/KADOKAWA

体に不自由が出てきたけど、ガッツリ介護が必要というレベルではない…そんな“健康以下、介護未満”な両親との付き合い方をお教えします。思わず笑っちゃうけど、不思議とジ~ンときちゃう、そしてためにもなる。すべての人に存在する「実家」というコミュニティ。いつかはやって来る両親の老い。どんな家族も「あるある」と共感できるネタが満載です。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP