ホームに入りたがらない叔母を説得。心を開く鍵は「共感」にあった!/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、超人気ブログ「カータンBLOG」からご紹介!

前回の記事:老人ホームを「断固拒否」する認知症の叔母。夫の「渾身の説得」の行方は...⁉

前回の続きです。

夫が病室を出て行き、叔母と私がふたりきり。

1
その時、頭に浮かんだのは、
さっき叔母の部屋で見た荷物だった。


2

ホームに持っていくものを叔母が準備していたことは、手伝ってくれたお弟子さんから聞いていた。

叔母は「出てけ!」の幻聴に悩まされ、一刻も早くホームに入りたいと願い準備していたようだ。
3
だから、夫に連日電話をかけてきたのだ。

4
遠足を楽しみに準備をしていた子供のように、
ホームにすぐに入れない事情など叔母には知ったことではない。

5
切り出してみた。

6
「そんなことない!」とズバリ否定したら夫と同じ。

7
ここからは、私は女優。

8
嘘も方便。


9
たとえ現実はどうであれ


10
優しい嘘なら許されるわ。


11
叔母の表情が変わっていくのがわかった。

叔母「でも、外出はできないんでしょう?」

私「そんなことないです。たまには一緒に外でご飯食べましょうよ!」


12
構ってちゃんは、母と同じ!

母が相手を困らせたい時にいつも言う。

13
でたーーーー!

一人でなんて行けないのに。

知り合いがいるわけでもないのにさ。

14
はいはい。

私「いつから?」

母「いつでも」

私「何時のフライト」

母「何時でもいい」

私「じゃ、早い方がいいから明日の朝ね」

母「・・・・・・・」

私「じゃ、朝7時に迎えに来るね」

母「一人で行ける」

私「わかった!」

15
まったくどれだけ構ってちゃんよ?

でもね、心にないことをつい言っちゃう。

構ってちゃんな女心・・・

私もわからなくもないの。

16
まさにこれだ!

困らせたい、構って欲しい、私の不満を聞いて欲しい!

叔母の感情もまさにこれでしょ?

案の定、

叔母の口から次々と出る甥の愚痴。

女は聞いて欲しいの。

共感してもらいたいの!

17
いつの間にか夫が戻って来たけど御構い無し。

いくらでも共感してあげる。

そして、私たちが帰ろうとした

その時だった。

18
叔母がそんなことを口にしたのは。

家に帰ると、夫の携帯に叔母から電話が入った。

暗い声で電話に出た夫の声がすぐに変わった。


19
電話を切った夫が言ったわ。

20
あれから心変わりをしたという連絡はまだ叔母から来てはいない。

現在、ケアマネさんやホームの方と相談して、叔母の入居準備を進めている。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
私が良い人キャラに映ってたら大間違いで、ただキレないだけのこと。CA時代のK先輩に感謝することがあるとすれば、私は相手が感情的になればなるほど、『なんでそんなに怒っているんだろう』とかえって冷静になっていくこと。母は感情的な人間なので、前に言われたことがあるの。「こっちがこんなに怒ってるのに、あなたのその淡々とした態度に余計腹がたつのよ」と。(大丈夫、もう慣れっこよ)コメントで優しいとか書いてくださる方、ごめんなさい。姉と母や父への暴言(愚痴)を吐いては、ストレスを発散してる鬼だから。

面白エピソード満載!大笑いしちゃうかも⁉ カータンさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

■転載元

カータンBLOG あたし・主婦の頭の中


51I38ZN1AiL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

『健康以下、介護未満 親のトリセツ』

(カータン/KADOKAWA

体に不自由が出てきたけど、ガッツリ介護が必要というレベルではない…そんな“健康以下、介護未満”な両親との付き合い方をお教えします。思わず笑っちゃうけど、不思議とジ~ンときちゃう、そしてためにもなる。すべての人に存在する「実家」というコミュニティ。いつかはやって来る両親の老い。どんな家族も「あるある」と共感できるネタが満載です。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP