実家の断捨離を決意!私たち娘がやらねば誰がやる!?/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、月間アクセス数800万PV超の超人気ブログ「カータンBLOG」から抜粋してご紹介します。

前回の記事:実家に置いておいたカレンダーがない!紛失騒動の意外な結末は.../カータン

姉と実家の断捨離をしよう!

そう思い立ったのは、
もう1、2年前のことだ。

d6cff6bc-s.jpg

そう、物が溢れている実家、
どうにかしなきゃと考えていた。

物がごちゃごちゃした実家で
最近、ないない病が激しい母

c592ce6c-s.jpg

残り少ない人生
(多いに越したことはないけど)
もの探しに費やす時間がもったいないと。

家を片付けたら、

b6fe710f-s.jpg

そんな親孝行の気持ちだった。

しかし、そう思い立ってから
かなりの時間がかかってしまったのには
理由がある。

実家の断捨離は
大変だと聞いていたから。

先に実家の断捨離をした友人たちは
皆、ため息まじりにこう言った。

90c7fc91-s.jpg

本屋さんに行けば、
実家の断捨離
How to 本がたくさん並んでいる。

b06a39c1-s.jpg

実家の断捨離はどうも
一筋縄ではいかないようだ。

あぁ・・・気が重い。

bbe0ce27-s.jpg

親は歳をとり
とてもじゃないけど、
あの荷物を片付ける体力も気力もなし!

私たち娘がやろう!

そう思いながら、何度も挫け・・・
月日が無下に過ぎていった。

828fe74b-s.jpg

そして、今年、
姉と意を決して、

「実家の断捨離をしよう!」

しかし、私たちはタカをくくっていた。

うちの子に限って・・・じゃなく
うちの親に限って大丈夫と!

64ff0fd2-s.jpg

それがまさか・・・
あんな大変なことになろうとは!

今日から数回に渡って、
そんな実家の断捨離いについて
書いていこうと思う。

いや・・・
肉体的精神的にズタボロだった。
実家の断捨離はやっぱりほんと
大変ですよ・・・

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
年齢的にまだ実家の断捨離なんて、先の話と思う人もいるかもしれないけど、いつかくるわ! いつかのために、参考程度に読んでおいて〜。ほんと大変だったから。うちは実家が近いからまだその点は、救われているけど、これが遠く離れた場所にあったらと考えると、本当にその労力って計り知れない。親が歳をとるということは、自分も歳をとるってことで、今回、足腰肩、悲鳴あげました〜

カータンさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメント一覧

ため息→決意→ビビり→やっぱりがんばろ!(自分たちでお尻たたく)の表情の移り変わりがツボでした(о´∀`о)
実家が建坪50坪で二階も有り、祖母、両親、子供2人の家族だったのですが、引っ越しにあたり荷物を捨てようと思った時はすごいゴミだらけでした。昔からの家なので押入れが各部屋に有り広かったので置く場所もしまう場所もあったので欲しい物は買うしまう、貰った物もいつか使うとしまい込む。頂き物の毛布や食器や昔の着物とか色々出てきました。捨てるのも大量だとお金がかかるので初めは1度に30キロまでなら持ち込み0円の市のクラーンセンターに通いまくって捨てていました。大型の棚やタンスやペンキやシンナーなどよく分からない物は置いておいて、自分達で捨てれる物は市のクリーンセンターに車で通い30キロごとに持ち込み捨てて、最後にタンスや危険物は市のシルバー人材派遣センターにお願いしました。トラックでお爺さんが3人来てくれて、トラックで運ぶ人が2人、庭でゴミを仕分けする人が1人で、けっきょく3日間頼んだと思います。母が言うには10万円くらい払ったとか。普通の業者さんよりシルバー人材派遣センターを利用する方が安いです。
あ、でも、お年寄りは環境の変化が苦手ですから老人が亡くなるまでは引っ越せないとか、老人が亡くなるまでは家をリフォームできないとかよく言いますよね。環境の変化からボケがひどくなるとか、物が無いと騒ぐとか、一番世話してくれる人を盗っ人呼ばわりしてあの人が盗んだと夜中に騒いで親戚にも電話して親戚も呼び出して、あそこまで言うなんて怪しくないか?と親戚にも盗みや虐待を疑われて、、とはよくある話しです。ボケが始まってるなら環境を変えるのはちょっと待った方が良いかも知れません。本当に整頓して良いのか?市のヘルパーさんに相談したほうが良いかも知れません。うちは老人が亡くなるまでは引っ越しはしませんでした。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP