52歳、私はあの頃の父母のように「子供を想い、身を粉にしている」だろうか...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まいむまいむ
性別:女
年齢:52
プロフィール:なんの心配もせずに老後を迎えたい50代。

3.jpg

私は3人姉兄の1番下です。

幼い頃から3人ともピアノを習わせてもらい、それぞれ音楽の道に進みました。

私たち家族は父方の祖父母と同居していて、家は商売を営んでいました。

今ほどピアノを習っている子がたくさんいるわけではなく、そのせいか、子どもの頃、自分の家が貧乏だと思ったことはありませんでした。

ところが大人になった今、振り返ってみると、我が家は決して裕福なわけではなかったのだと気づかされたのです。

まず、外食をすることがほとんどありませんでした。

他の家がどのくらいの頻度で外食するかなど、子どもの頃には知る由もありません。

祖父母を含めて7人家族では、外食にかかる費用がバカにならなかったのだと思います。

泊りがけの旅行をした記憶も片手で足りるくらいでした。

それも子どもと母だけ、子どもと父だけ、などで、家族全員で旅館やホテルに泊まった記憶がありません。

母方の実家への帰省も、遠方だったので費用がかさむせいか、毎年行くわけではなく、数年に1度、何かどうしても、といった用事がある時だけだったようです。

祖父母と同居していた母は、遠慮して自分の実家へ頻繁に帰省することも控えていたようです。

姉が大学へ進学する頃、両親が早朝から牛乳配達をしたり、夜間に製パン工場へ行ったりしていた記憶があります。

売り物にならないパンや余った牛乳を持って帰ってきてくれることを、子どもだった私はただ無邪気に喜んでいた思い出しかありませんが。

父も母も、疲れや苦労を子どもに気づかせることのないようにしてくれていたのだと思います。

私が小学生の頃、そろばん塾が流行っていて、周りの友達もたくさん通い始めていました。

しかし、通いたいという私に、母はこう言いました。

「みんなが通ってるから、という理由で始めさせることはできないよ。本当にどうしてもそろばんがやりたいのかどうか考えてみなさい」

そう言われて諦めた記憶があります。

その代わりにと言ってはなんですが、ピアノが難しくなり、練習のために友達と遊ぶ時間が取れなくてピアノをやめたいと言っても、絶対に取り合ってくれませんでした。

今では、あの時簡単にやめさせてもらえなくて良かった。

続けていたから今があるんだ、と本当に感謝しています。

今、3人の子どもを持ち、母の立場になった私ですが、あの頃父と母がしてくれたように、自分の身を粉にして子どものことを考えられているだろうか。

自分の楽しみを後回しにしてまで子どもの教育に一生懸命になれているだろうか。

考えれば考えるほど自信がありません。

使わなければならないお金は惜しまず、足りなければ仕事を増やしてでも捻出してくれたのですから。

恩に着せるわけでもなく、黙々と働いてくれていた両親の後ろ姿を思い出すと、ただただ感謝しかないのです。

関連の体験記:離婚した私の息子の面倒を見てくれた母。息子が社会人となり、母にぽっかり穴が空いて...
関連の体験記:「弟さんのお嫁さんに比べて私は...」家族8人で作ったLINEグループ。母が一方の嫁を褒めちぎり...
関連の体験記:息子よ、自分の意思はないの? 3歳年上の妻のクレームをそのままメールしてくる姿にガックリ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

すごい素敵なご両親ですね。 反対に親の自己中で完全放任された側なので、羨ましい限りです。そんな私でも親を反面教師としてうまく子育て出来ているのか心配や不安満載ではありますが、家庭を築いています。 私は今幸せで今ご自身が出来ることを子供達にされていて、ご両親に感謝されているなら、別にご両親と自分を比べたり真似をする必要はないのかなと思います。
うちと真逆。それなりに裕福だったはずなのに、女が特技を持つと生意気になる、学がつけば可愛くなくなる、手に職を持てば旦那に捨てられる。という理由で、希望した習い事は全て却下。勉強も邪魔をされ、全てにおいてだめだし。そして今になって、何か一つでも極めていればよかったのに、と言われる始末。じゃあなんで何もやらせてくれなかったの、といえば、時代がそうだったとか、近くに何もなかったとか。嘘丸出しです。その代わりに結婚するときはかなりの持参金を用意してもらいました。授かった娘には様々な習い事をさせ、その中から本人が気に入ったバレエとピアノだけ続けています。子のために身を粉にしては…いないですね。一緒に楽しんで生きてる感じです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP