「あら!忙しいなら早く話すわね」毎度、凄いタイミングで電話してきて...切ってくれない73歳の義母

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:にじいろ
性別:女
年齢:42
プロフィール:保育園児の子供がいるワーママです。

33.jpg

よくある話だと思うのですが、73歳の義母からの電話は、いつも「なぜよりによって今?」という時にかかってきます。

車に乗り込みさあ出発しようとエンジンをかけたとき、仕事の接待の飲み会中、子供がやっと寝付いた瞬間など、こちらとしては勘弁してという時を狙ったかのようにかけてくるのです。

もちろん義母に他意はありません。

かけよう! と思った瞬間が義母の電話をかけるタイミングなので、いつも電話は不定期にかかってきます。

ですが、実際電話に出て「今仕事で飲んでいて......」といって切ろうとしても切らず、話し続けるのが義母。

「デパートにいったらはちみつが売ってて、それを試食したらおいしかったんだけど、にじいろちゃん知ってる?」

話の内容は緊急度ゼロ!

会社の同僚からは「伝説の長電話」と言われる始末です...。

そんな義母の電話が、先日海外出張に向かう飛行機の搭乗時にかかってきました。

まさに飛行機に乗ろうとした瞬間スマホの画面に光る『お義母さま』の文字。

よりによって今!? 

取らなければいいのですが、ここで取らないと、折り返せるのが飛行機を降りる6時間後。

今伝えておかなきゃと急いでとって「今から飛行機飛びますんで!」と私。

すると普通なら「わかったわ、もう切って」といってくれそうなのですが、義母は「あらそう! なら早く話すわね!」といって切ってくれませんでした。

その話は、新聞でみたニュースについての私見。

「私はそうじゃないと思うんだけどね〜」とのこと。

そんなこと、同居している義父に話せばいいのに!

私は飛行機の座席に座り、横では客室乗務員さんが電話を切ってねと微笑んでいます。

早く切らないといけません。

「この話は夫くんに話してください! 6時間は電話が通じませんからね! すみません!」

無理やりこちらから切らせてもらいました。

そして6時間後、空港に到着してスマホの電源をつけメールを確認したところ、夫からメールがきていました。

「飛行機に乗るからって電話を切られた、嫌われてるんだろうか? って言われたけど、そんなわけない、飛行機に乗る時に電話できるわけないだろっていっておいた。ごめんな」

それを見た時、ああ〜やっぱりそう思っちゃうのね......と私はがっかり。

そうです、義母からの電話も都合が悪ければ取らなければいいのですが、義母はとても心配性。

その時話を聞かずにきってしまうと、「なにかあったんだろうか。私のことが嫌いなのだろうか」と悩んでしまうんです。

それを近所の人に相談しにいってしまったり、ストレスを感じて寝込んでしまったり......。

なので、着信に気づいたら、何を置いてでも義母の電話は取るようにしているのです。

それにしても、いつも「何故よりによって今?」というときを狙っているのかのようにかかってくる義母の電話。

最近では困りつつも、「さすがお義母さん」と面白くなってきてしまいました。

関連の体験記:「本当に駄目にしたの? そんな人初めて!」園芸大好きな義母の「あきれ顔」に心が折れそう...
関連の体験記:しょ、ショッキングピンクのランドセル? 義母から娘へ「驚きの入学祝い」
関連の体験記:娘にそんなこと言わないで!デリカシーがない義父、帰省のたびに胃が痛みます...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

立場的にも心理的にも、義母からの電話は粗略にはできませんよね、内容が何であれ。読んでいて、単なるネタなのか困っているのかわかりにくかったのですが、もし困っているのであれば対策を講じてみてはと思います。いつ来るかわからない電話に場当たり的に対応するのではなく、あなたから義母様に電話をしてまずこうききましょう?”今お話ししても大丈夫ですか?急ぎではありませんので、ご都合が悪ければ、お義母様のご都合のいい時間にかけ直しますね”と言って、短く切る。または、”いついつに電話したいのでご都合をおしえてください”と提案してみる。義母様はあなたの状況がわからないだけなのですから、理解できるように説明する機会を設けることも必要です。読んでいて、何だか義母様が単にKYみたいな感じがしてお可哀そうでした。
ハッキリ言います。 そのお姑さんは、いい人でも心配性なだけでもありません。 貴女が自分の思い通りにならない時の魔法の呪文が「嫌われた」というだけです。 心配性な人は、たかだかTVの話題で電話をするのでしょうか? 忙しいと聞いて、それでも自分の欲求を満たそうとするでしょうか? 答えはNoです。 お姑さんは、ただ貴女を【自分の寂しさや人恋しさを解消するための道具】としか思っていません。 ご主人と話し合い、お姑さんからの連絡は全てご主人を通す事にしたらいかがでしょうか? 貴女とご主人は二人で、家族になる事を決めました。 しかしお姑さんは違います。 ご主人のオマケでしかありません。 愛し合って、信頼し合って家族になったわけでは無いのです。 お姑さんの事を本当に嫌いになる前に、決定的にこじれる前に、もう少し距離を置く事をお勧めします。
くだらない内容で頻繁に義理の娘へ電話する方が嫌われるとはお考えにならないのでしょうかね…
嫁は姑に尽くすと思い込んでるから、そんなこと考えもしないんですよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP