「はい、あんたのぶん♪一番甘いヤツや」そう言って姑から渡された、腐ったミカン/かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。

現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。

今から36年以上前の、結婚当初のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:「うちのこと妬んで仲間外れにしたんやわ!」自慢ばかりの姑に...周囲は総スカン

pixta_18985054_S.jpg

基本、義実家に行くと姑は家事を何一つしない。

姑いわく

「嫁が居るのに姑が台所に立つなんて不細工な!」

との事なので、私が義実家の掃除・洗濯・炊事をしている間、舅姑はテレビを見たり昼寝をしたりで過ごしている。

もちろんそこは夫も一緒。

子供が泣いたのなんのになれば

「ほら!ママやわ!ママ!」

と言って姑が私の所に連れて来て、私が世話をし終わり子供が泣き止むとひょいと抱いて去って行く。

食べ物にまつわる話をいくつか。

ある日のこと。

昼御飯の支度をしていたら姑が台所に来て冷蔵庫から何かを取り出し

「かづ、これあんたお昼に食べ。」

と言って私に差し出した。

小皿に乗った生タラコだったが、もう既に昼御飯が出来かかっていたので夫の弁当のおかずに貰って帰ろうと思った。

「お義母さん、そのタラコ、明日のお弁当に入れようと思うので貰って帰ります♪」

その瞬間

「あかん!あかん!1週間前に賞味期限切れとるから弁当にはアカン!」

姑は咄嗟に口に出た事に気が付いた様で、生タラコをゴミ箱に捨てていた。


『弁当には』じゃなく普通に食べてもアカンですやん。

またある日のこと。

以前姑の兄である義伯父から

「うちの息子の嫁さんはな、うちに来ると冷蔵庫開けて『お義父さんエエのが入ってる!これ頂戴!』っていちごやメロンや肉や魚を持って帰るんや。もう実の娘みたいなもんやからな。それもまた可愛い。かづさんも甘えてみたらどないかな?」

と言われた事があったので

「お義母さんこの(冷蔵庫の)いちご貰って帰ってもいいですか?」

と言ってみた。


その途端

「こっちから持って帰りって言うてるもんやないのに図々しい!それを厚かましいって言うんや!お里が知れるってこう言う事を言うんや!自分から頂戴って言うやなんてホンマ!これやから民間の子は!!」(姑は公務員以外を〈民間〉と言います)

姑と義伯父は全く違うタイプなのに、この方法を試してみようと思った自分がバカでした。

そして冬の寒い時期、義実家ではミカンは箱で買って家の中で一番寒い所に置いていた。


私が行くと、何度もミカンを取りに行かされた。

一度に多く持って来ると

「ぬくぅなるやないの!!そんなんも分からんの!」(ぬくぅ=温かく)

と怒鳴られるので毎回1個か2個、その時に食べる個数を取りに行かされていた。


ある日のこと。

夕食後にミカンを食べるだろうからと姑に何個持って来るのかと聞くと、めずらしく姑が自分で取りに行くと言う。

が、その後すぐに呼ばれミカン箱まで行った。


ミカンの箱に手を突っ込んで色々品定めをしている姑が私の方に振り向き

「手ぇ出してみ。早よ!手ぇ出してみ!」

と言うので両掌を上にして出した。

「はい、これあんたのぶん♪」

そう言って私の掌の上に置いたのはカビに覆われて毬藻(まりも)の様になったミカンだった。

「皮の外まで甘味が出てるからカビるんやでぇ。この箱の中で一番甘いミカンをあんたにあげるんやから私って優しいわぁ~♪」

姑は自分の分のミカン数個を持って戻って行った。

私は台所に行きその毬藻の様なミカンを流しで洗い皮をむき、夫と舅姑の前に座って

「これ箱の中で一番甘いミカンなんやって。お母さんが選んでくれたん♪ はいどうぞ♪」 

と言って夫に差し出した。

私の差し出した手を瞬時に姑が払い、テーブルの上にグジュグジュの腐りかけのミカンが転んだ。


続く

姑からの凄絶な嫁イビリと、夫との対立...。かづさんの記事リストはこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

もぉー!とにかく頑張って(๑•̀ㅁ•́ฅ✨
幸せな一生だったと思いながら死んだ姑さん。輪廻転生があるのなら、この人には二度と生まれてきて欲しくないわ。
私の鬼姑にそっくりです。 双子かもしれないって思うほどです。
悔しいよねー!あたしも、たくあん嫌いですって言ったら、ちょっと来てー!って台所に呼ばれて、いきなりいきなり口にたくあん突っ込まれた❗️ その後大笑いしてた。なんなの?!この人!!って思ったわ。 頭来るのは、それを旦那に言ったら、ジョーダンダローと言われたこと!!いじめでしょーよ?
腐ったみかんを旦那に食べさせようとしたら、それこそ、息子を騙した酷い嫁という、姑の誤った認識に、火に油を注ぐことになりそうですが。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP