ああ、また「お口モゴモゴ」を始めたよ...食事中に入れ歯を外し「これ見よがし」に食卓に置く義父

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くるくる
性別:女
年齢:47
プロフィール:義両親と同居のパート勤務です。

15.jpg

同居をしている79歳の義父が、去年、上の歯の「入れ歯」を作りました。

「歯医者さんにお世話になったことがない」のが自慢だった義父でしたので、何年かぶりに診てもらった途端、入れ歯まで話が進んでしまい、相当ショックだったようです。

とても嫌がって、ひと悶着ありました。

気持ちは分かる気がしましたが、先生の「きちんと噛めないと胃腸にも良くない」という言葉から、皆で説得する形で決めたんです。

そうして、渋々入れ歯を使い始めた義父ですが...

慣れないせいか使い心地が悪いのか、入れ歯をちょいちょい外して、あちこちに「無造作に置く」のです。

初めて玄関の靴箱の上に置かれた入れ歯を見つけた時には、本当にギョッとしました。

「なくすと困る物ですし、ビックリしますから」

そんな時はいつもこう言いながら義父に入れ歯を渡すのですが、一向にやめてくれる気配がありません。

それだけでも気分が下がるのに、義父は食事の間も、まるで果物の種でも出すかのように入れ歯を外して、当たり前の様な顔をして目の前に置くのです。

1度や2度ならまだしも...

この頃は、それが当たり前かのように頻繁になってきました。

入れ歯を出す時に義父は口を大きくモゴモゴさせるので、その動作が始まると、私は目を逸らすようにしています。

ですが、例え「出す瞬間」を見なくて済んだとしても、ずっと食卓の上に置いたままにするので、どうしても目に入ってしまいます。

食欲が落ちるな......

そう思いながら、誰かが義父に止めるように言ってくれるのを待っていました。

しかし...

驚くことに、他の家族は誰も、何も言わないのです。

食卓には義母と夫も一緒についているのですが、最初のうちはちょっとビックリした顔をしたものの、その時も、その後も何も言うことはありません。

みんな平気なの...⁉

そう不思議に思いながらも、何となく自分からは言い出しにくくて、私も気にしていない振りをしていました。

でも、出した入れ歯を食卓に忘れていくようになった義父に届けた際、こんなやり取りをしたことがあります。

「どうして出しちゃうんですか?」

つい聞いた私に、驚きの答えが返ってきました。

「必要ないから」

...つまり、説得されて作ったけど納得してなくて、だから慣れる努力もしたくないって事なのか...と、義父の行動が初めて腑に落ちた気がしました。

そして、半分は「家族への嫌がらせ」なのだろうな、と。

説得した一人として悪かったかなとも思いましたが、かと言ってずっと食卓に入れ歯が並ぶのは嫌です。

意を決して、夫に話をしてみたのですが...

「もう入れ歯の話には関わり合いたくない」

そう、聞き流されてしまいました。

しかも、「もう義母に相談するしかないか...」と考えている私の心を読まれたかのように「おふくろも同じだと思う」と一言。

全く取り合ってくれないのです。

夫や義母からの改善策が断たれ、我慢するしかなさそうですが、食欲もなくなるし「勘弁して」と言いたくて、本当にモヤモヤしています。

関連の体験記:義父母はこの先、生活保護!? 貯金もなく、年金も払っていなかった時期がある義両親
関連の体験記:家庭内別居中の妻でも「長男の嫁」。刺すような視線に針のムシロだった「義父の葬儀」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP