ああ、私の日々の節約が! 夫の「DVDの最新作レンタル」で心がザワつく私はケチなの...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:あんまん
性別:女
年齢:46
プロフィール:珈琲が大好きです。朝昼晩と飲んでしまいます。飲みすぎでしょうか......

50.jpg

私は「塵も積もれば山となる」、いわゆる「ちりつも」を信じて、日々節約に励んでいます。

1000円以下の服を買ったり、鶏むね肉を買ったり、格安スマホに替えてみたり、電力会社を変えてみたりと、自分なりに頑張っているつもりです。

一方、そんな私の夫はちょっとだけ金遣いが荒いんです。

家事も子どもの相手もしてくれて、私にはもったいないぐらいの旦那様なのですが、そこだけが引っかかってモヤモヤしています。

日々のことで言うと、タバコは一日半箱吸い、発泡酒を一日に2本飲みます。

洗車はガソリンスタンドで一番いいメニュー、飲み会の帰りはバスがあるのにタクシー、スーパーではプライベートブランドは買わない、DVDの新作レンタルなどです。

旅行や少し遠くへお出かけしたときなどは大変です。

夫は子どもに「せっかくだからお土産は何でもかっていいぞ」と言ったり、ご当地グルメの値段を気にせず食べたりします。

サービスエリアではトイレ休憩だけではすまずに必ず何か買い、電車に乗るときは駅弁を自分用に2つぐらい買ってしまいます。

子どもも、夫が良いというので、キーホルダーを三つぐらい買ったり、旅行先で買う必要がないような玩具や本なども買っています。

食事に関しても、夫と同じように値段を気にせずに食べたいものを食べています。

そんな姿に私はヒヤヒヤして、お土産は友達に渡すものだけを買い、ご飯も金額から選ぶようになってしまいました。

夫がこのような状態なので日々の節約もパーです。

せいぜい赤字を少しだけ補填できている程度でしょう。

夫にも節約のことを話し、協力してほしいと頼みますが響きません。

「そんなケチケチしたくないなぁ」

そう明るく言われてしまいます。

夫は「日常をちょっとだけ贅沢に過ごしたい」とのことです。

ギャンブル、ハイブランド品、見栄のための浪費、趣味にお金をつぎ込むなど、価値観は人それぞれだとしても、やりすぎなければ悪いことではないので、ガツンとは言えません。

私もパートをしていますが、夫の方が収入も多く、それでいて家庭も大切にしてくれているので、これぐらい目を瞑った方が、家族円満にいくのでしょう。

そう頭では分かっているのですが、これからの子どもの学費や老後の費用などを考えると、節約したくてたまらなくなってしまいます。

ちなみに先日、夫に買い物を頼んで買ってきたお米は新潟産でした。

「美味しそうだろ? 食べるの楽しみだな」

そりゃ美味しいでしょうが、差額で2日分ぐらいの食費になったのではないかな、と思ってしまう自分は、やはりケチなのでしょうか。

関連の体験記:「ふたりでディズニーシー行かない?」50代妻の誘いを断り冷戦に。アラ還夫婦を仲直りさせたのは...!?
関連の体験記:なんでも「更年期、大変だね」で済ませる夫に激怒! 驚くべき妻の「復讐」とは?
関連の体験記:「そんな気ないぞ、俺は」母が亡くなり一人暮らしの89歳父。兄夫婦との同居を断る「意外な理由」は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

うーん、難しいですね。別に趣味に大金をつぎ込む訳ではないけど、チリも積もれば山となるのように日常でちょっとした贅沢も積み重なれば結構な金額に…なんて事もありますよね。せめて毎日と言わず週の半分ぐらいは節約と提言したらどうですか。
タバコ半箱、発泡酒2本、新作DVD、、、この程度でちょっとだけ金遣いが荒いと言われてしまう旦那さんも辛いですね。日々頑張って働いてくれているし、その上で家事も子供の世話もしてくれているのであればこれ位は許してあげたらと思います。 それにせっかく旅行に行ったら私もその時位は好きな物を食べたいし、ケチケチしたくはありません。旅行に毎月1回は行っているとかなら話は別ですけどね。 うちは基本的外食はしません。食材も安い物を買い求めています。けれどもお米だけは多少高くても新潟産のコシヒカリなど美味しい物を買っています。日々のご飯楽しく美味しく食べたいので。 でも!奥さんのモヤモヤも分かるのでタバコや発泡酒が譲れないなら、洗車は自分でする、飲み会後はバスを使うなど譲れる所と譲れない所を旦那さんに決めてもらえばちょっとは心が落ち着くかもしれませんね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP