つ、詰め込み過ぎじゃ⁉「今生で最後の海外旅行」と恐ろしい日程を組んだ85歳義両親の結果は...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:りもこん
性別:女
年齢:48
プロフィール:義両親と違いインドア派の嫁です。

34.jpg

年に4、5回会う85歳の義両親はまだまだ元気です。

インターネットを使いこなし、SNSもたしなみ、定年後の生活も長く楽しんでいらっしゃいます。

そんな義両親が「今生で最後の海外旅行をする」と宣言をしたのは、昨年の夏。

年末に掛かる前に、ヨーロッパ各国を2週間で周るというのです。

海外旅行に慣れている義両親でしたので、心配はそれほどありませんでした。

それよりも「今生で最後」と宣言されたのには、なんて言えばいいのか言葉を失っていました。

ですが、そんなしんみりした気分は旅程を見て吹っ飛びました! 

スケジュールがこれでもかと詰まりまくっていたのです!

義母手書きの日程表には、まず深夜フライトでドイツへ行き、朝ホテルに荷物を預けたら、レンタカーを借りて他の都市に移動し観光。

昼は現地のツアーに参加し、夜ホテルまで車で戻り、即オペラ観賞......といった具合に、一日の予定がびっしり!

町を散策する......といったものはほぼなく、現地のツアーに入ったり、ホテルからかなり移動距離がある場所に自分たちで車で行ったりするハードなスケジュールです。

私の印象は(大学生でもここまで詰め込むまい......)というものでした。

見たいものを見逃してなるものかという熱意を感じたのですが、もっと余裕を持った日程にすべきです。

「お義父さんたちは本当にお元気ですよね。旅行慣れもされてますし。でも......」

褒めながら予定の変更を提案してみたのですが、譲りません。

しまいには夫が「年齢考えろよ!」と怒ったのですが、義両親は「大丈夫」と決意はゆるぎませんでした。

しかも、さらに驚いたことのが、成田空港まで車でいくとのこと。

義両親の家からは高速で2時間程かかります。

せめて帰りは代行運転かと思ったのですが、ロングフライト直後の義父と義母が交代で運転するというのです!

このハードな日程後に長時間のフライト、さらにその後に高速で家まで帰宅......。

これはさすがにやめてくれと、空港までの車はなんとかやめてもらいました。

そして、それを受け入れて貰う代わりといいってはなんですが、旅程は当初のまま......。

二人は機上の人になりました。

義両親が旅立ってからは、夫と心配の日々だったのですが...。

日本を旅立って5日後。

案の定、義母から電話があり、義父が疲れ切ってしまったので、ホテルで休むということでした。

あれもこれもと予約していた予定はキャンセル。

その後は、観光できるところだけを周ったとのことで、無事に帰国してくれました。

...とにかく、一安心です。

「今生で最後の海外旅行」との気概で旅立った義両親の気持ちはわかります。

もう二度とない海外での観光との思いで、たくさん見て回りたいのでしょう。

でも、倒れてしまっては元も子もありません。

夫とは「海外は最後と言っていたから」と、今度はゆったりした日程の国内旅行に誘ってみようと計画しています。

関連の体験記:家族旅行に「さあ出発!」...というタイミングで車の窓をガンガン!義母の過干渉にウンザリ
関連の体験記:義父母はこの先、生活保護!? 貯金もなく、年金も払っていなかった時期がある義両親
関連の体験記:「次男に面倒みてもらう」って言いましたよね。長男の夫を捨てた義父母の身勝手なSOS

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

高速運転を止めたのは大正解。事故に巻き込まれたかもしれない方を救ったよ。 日程は自己責任だから問題なし。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP