家族旅行に「さあ出発!」...というタイミングで車の窓をガンガン!義母の過干渉にウンザリ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:つよぽん
性別:女
年齢:40
プロフィール:2児の子を持つアラフォーママです。同居する義母の過度な干渉に、イライラする日々を送っています。

pixta_12014392_S.jpg

結婚を機に夫の両親と同居し10年が経過しました。

現在義父は69歳、義母は63歳です。

「お互い干渉しすぎないようにしよう」と言っていた義母ですが、当の本人がガンガン干渉してきます。

特に子どもが産まれてからがヒドイ。

例えば、私が可愛いと思って子どもに着させている服に対して「寒そう」「なんだか変」など言いたい放題。

挙句の果てには、勝手に義母好みの服に着替えさせることもあります。

悪気はないと思うのですが、私からすると間接的に嫌味を言われている気がしてなりません。

こんな小さなモヤモヤを解消できる場もなく、過ごしてきました。

嫌だと思う事を相手に伝えられないのは、本当にストレスがたまります。

義両親との同居は「忍耐」が付き物だと痛感しています。

いままでなんとか我慢しながら過ごしてきたのですが、最近どうしても我慢ならない事がありました。

それは家族で旅行へ行く日の事です。

忘れ物がないか荷物の確認、戸締りをして車に乗り込んだ時でした。

ものすごい剣幕で義母が外に出てきました。

その瞬間になんとなく嫌な予感がしたのです。

車が動こうとしているのに、私が乗っている助手席の窓をガンガンと叩いてきました。

はあ...。

また何か言われるのか、とテンションだだ下がりです。

嫌々ながら窓を開けると、義母が車の中を覗き込んで「みんな乗った?」とキョロキョロ。

そりゃ乗ってるよ! と突っ込みたかったです。

続けて「戸締りはしたの? もう一回確認してきたら?」と言ってきたのです。

まるで私が子ども扱いを受けているようで、イライラが募りました。

夫が私に一応確認してくるよう促してきたため、仕方なく家へ戻ることに。

戸締りできている事を確認しました。これでやっと出発できると思いきや、今度は「子どもの薬は持った? 確認してみなさいよ」と言ってきたのです。

ここまで口出ししてくるの?

さすがに血が上った私は「確認したので大丈夫です」と義母と目を合わせず、無表情で対応してしまいました。

夫も義母の対応に愛想つかせて、車を走らせることに。

夫も私が機嫌を損ねていることに気付き「心配して言ってしまうだけだから、あまり気にしないで」と取りなしてくれました。

心配してくれているのは分かります。

ありがたい事です。

ただ、ちょっと干渉しすぎなのでは? と感じています。

楽しい旅行の出発に、こんな一コマが待っているとは思いもしませんでした。

現在も義母の干渉は止まりませんが、私側からはなるべく歩み寄ることをせず、適度な距離を保つようにしています。

■おすすめ体験記
皆がうらやむ料理上手な義母だけど...「私の料理を捨てていた」と知りショック
亡くなった母の携帯電話に保存されていた台所に立つ父。映っていた料理は...
「弟さんのお嫁さんに比べて私は...」家族8人で作ったLINEグループ。母が一方の嫁を褒めちぎり...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP