新居で唯一気になる「北向きトイレ」。どんより感を一掃すべく「風水インテリア」に挑戦したら...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:梅の実
性別:女
年齢:48
プロフィール:夫と2人小さな賃貸一軒家に引っ越したので、日々雑誌などをみて理想のインテリア妄想をしながら少しずつ改造中です。

33.jpg

久しぶりに引越しをしたので(賃貸ですが)、インテリア好きな私は毎日時間を見つけては家の中をあれこれいじくっています。

そんな我が家は台所もリビングも日がたっぷり入って気持ちいいのですが、ただひとつ気になるのはトイレ。

北向きで日中も電気をつけないと薄暗く、どんよりしている気がするのです。

リビングや寝室のように長時間いるところではありませんが、やはり入ったとき気持ちよいと思える空間がいいなあ......。

そう思っていたら、夫も「トイレだけは暗いなあ」とひと言。

それを聞いて「やはり改善せねば!」と一念発起。

色々と情報収集していたら、風水インテリアなる本があることを知り読んでみると「自分の住環境を整えることで運気を上げる」と書かれていました。

環境学や統計学に類するという風水の考え方で整えたら、気持ちの良いトイレになるかもしれない。

まず、家相を確認すると家の中心からみると我が家のトイレはほぼ真北。

日当たりが悪い位置のトイレは、凶の作用が強いらしいのです。

私が感じているどんよりはこれが原因なのかしら??

もともと汚物があるところだしどの方位でも吉にはならないので、凶のパワーをカラーやアイテムで弱めればよい......なるほど。

天気の良いお休みの日に、作戦決行です。

まずはお掃除。

やってみてスッキリ。

引っ越してまだそんなに日が経っていないので、そんなに汚れていないけれど気持ち良い。

次はトイレマットとスリッパをしく。

マットはもともと置いていたのですが、スリッパも悪い気をトイレの外に持っていかないように、置いておいた方がよいとのこと。

マットもスリッパも、おすすめの暖色系で揃えたら、ちょっとほっとする感じになりました。

足も冷えなくなり、快適度アップです。

さらに「紙は悪い気を吸う」とあったので雑誌などは置かず、トイレットペーパーもたくさん置かないようにするか、見えないように隠す

もともと居心地がよくなかったので雑誌などは置いていませんでしたが、トイレットペーパーは予備を1つだけ置いて、他はトイレの外へ収納してみました。

物理的に物が減ったこともあり、さらにスッキリ。

そして、常に換気をして悪い気を停滞させない。

換気扇はありませんが、小窓があるので常に少し開けておくことに。

トイレに入ったとき空気が動いたのがわかって気持ちがいいです。

トイレ使用後は便器のフタを閉めるのも大切なんだそうです。

臭いが広がる気がして私はもともと実践していたのですが、夫はいつも開けっ放し。

「悪い気や臭いが広がらなくていいらしいよ」

そう伝えたら「そうか」と気をつけてくれるようになりました。

最後に、造花は置かないで生きている植物を置く。

比較的日陰に強いアイビーを育てていたので、伸びていたところを切って水差しして小窓のところに置いてみました。

たまに日に当ててあげたり、お水を切らしてないか気をつけないといけませんが、トイレに入ったとき、目の前に生き生きとした緑があると気持ちいいです。

そして...今まで部屋のインテリアを変えても、全然気づかなかった夫が、こう言ったのです。

「トイレ、なんか明るくなって"こもった感じ"がしなくなった」

そう、生まれ変わったトイレに感心してくれていました。

掃除して清潔にしておくことはもちろん大事ですが、ちょっと模様替えしただけで本当に気持ち良い空間に生まれ変わるんですね。

「長くいる空間ではないから」と、どんよりが気になっていたものの放置していましたが、やってみて本当によかったです。

関連の体験記:お金持ちにはなれていなけど...52歳主婦「私流の風水の取り入れ方」
関連の体験記:娘にそんなこと言わないで!デリカシーがない義父、帰省のたびに胃が痛みます...
関連の体験記:お相手は35歳で定職なし⁉ 娘の結婚に大反対の私に訪れた「不思議な出来事」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP