横暴で、大嫌いだった父。でも年老いて「弱っていく姿」を見るうちに...私に訪れた「ある変化」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:クリス
性別:女
年齢:53
プロフィール:大嫌いだったはずの父。幸せな記憶が「ホントは好き」という思いに気づかせてくれました。

11.jpg

いい年してこんなこと言うのはホントに恥ずかしいのですが、私は父が大嫌いでした。

父が起こしたお酒のトラブルは数知れず、暴れたり家族に手をあげたこともあります。

あるいは、母への異常な束縛は「家庭内ストーカー」のレベルと思えるほど。

その上、自分の事にしかお金を使わない、家族や親戚へ暴言をはく、平気で嘘をつく。

そんな振る舞いにいつも悩まされてきたので、どうしても「大嫌い」という気持ちになってしまうのです。

しかし、その父もここ数年は持病の悪化や加齢による衰えが顕著。

会うたびに「弱った......よね?」という印象を受けます。

そんな父の様子に、私の中で「意外な変化」が起きました。

父の姿を見ると少し辛くなり...涙が出そうになるのです。

そして...

「昔、優しかったときもいっぱいあったよね」

そんな良い思い出ばかりがよみがえてくるのです。

特に思い出すのが私が小学生の頃...家族で野球をした時のことです。

体が弱く、スポーツも得意ではなかった私は当然野球も一番の下手くそ。

兄弟の中でいつも笑われてばかりいました。

そんな私が何を間違ったか、ホームランを打ってしまった時があったのです。

みんなはポカーンと大きなお口をあけて打球を見上げる中、父は「すごいじゃないか!」と目をキラキラさせながら満面の笑顔を向けてくれました。

その笑顔が、今でも幸せな思い出として心の中に刻まれています。

あるいは私が宿題ができなくて困っていた時のこと。

一度だけ徹底的に付き合ってくれたことがありました。

算数が苦手な私には解けない問題ばかり。

いつもなら諦めるしかなくて、学校で怒られるのが運命の私だったのですが、この時は違っていました。

父が「よし今日は俺が徹底的に付き合うぞ」とか言いながら、怒りもせずただただ私を見守っていました。

そして、どうしても問題が解けなくて泣きべそをかく私に、解くためのヒントをくれたのです。

それから数時間、夜中までずっと父が宿題に付き合ってくれたことで、私はこの時の宿題を何とか克服することができました。

それが嬉しくて自分が涙を流したこと。

「よく頑張った」と私を褒めてくれた父の笑顔。

今でも鮮明に覚えています。

そしてこの時の経験が「諦めずに頑張れば、難問でも解決できる」という教えを自分に与えてくれたと思っています。

そんな幸せな思い出と、弱りきった父の姿が私の涙腺を緩め、自分の中にある「大嫌い。でも、大好きな父」という気持ちを思い出させてくれたみたいです。

今はそのことに気づけて本当に良かったと思っています。

そして、これからはできるだけ「父が大嫌い」という思いだけにとらわれず、「父のことが大好き」と思い出させてくれた記憶と共に、 素直に向き合いつつ接していきたいと思います。

関連の体験記:43歳、うつ病を患い実家で療養中の私。ある朝カーテンを開くと、そこには憂いを帯びた父の目が...
関連の体験記:結婚は気楽にするものではない――8年で離婚した妻が実感したこと
関連の体験記:「おなかが痛い」3日後に高校受験の息子を襲った悲劇と、逆境でもたらされた奇跡

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

たまに優しくすれば普段は酒乱で暴力ふるっても許されるんだ? まさに洗脳ですね。
「大嫌い」と「大好き」 いいじゃないですか。 2つの感情を持ちながらでも いいじゃないですか。 クリスさんの思うがままに… それでいいと思いますよ。
私も父と折り合いが悪く子供が生まれた今でもなかなか許すことができない思い出もあります。でもいつまでも引きずる自分も嫌なのでいい思い出を思い出すようにしてます

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP