「今仕事中?」いつもそう電話してくる元バリキャリの義母。「もっと働け」圧力にウンザリ...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:サマンサ
性別:女
年齢:52
プロフィール:老後に備えて貯蓄をしなくちゃと、気ばかり焦る50代。

39.jpg

70代後半になる義母は若い頃からバリバリ働いてきた人でした。

70を越えてもなお働き、ようやく最近現役を退きました。

夫はひとりっ子なのですが、小さい頃から鍵っ子で、寂しい思いをしてきたと言います。

義母の働き方にはあまり良い思い出がないようで、私には子どもが小さいうちはできるだけ家にいて欲しいと言い、私も同じ考えでした。

3人子どもがいますが、一番下の子が中学生になるまでは、下校時間には家に居られるよう仕事をセーブしてきました。

家計が楽なわけではなかったので、子どもを学童保育にお願いしてでももっと働こうかと思ったこともありました。

子どもは学年が上がるにつれ、帰宅してもランドセルを置いてすぐ友人と遊びに出かけ、夕方暗くなるまで帰らないこともしばしばです。

それなら、夕方まで働いていてもいいのではないかと夫に話したこともありました。

「ただいま、って帰ってきた時におかえりって言ってくれるだけで安心するんだよ。自分で鍵を開けて帰ってくるのとは大違いだから」

夫の言葉に、そういうものなのか、と納得しました。

私は祖父母と同居の大家族だったので、必ず家には誰かが居て、大人になるまで鍵を持って出かけたこともなかったのです。

義母はそんな私の働き方を非難するようなことこそありませんでした。

しかし、自分がいかにハードに働いてきたか、といった武勇伝はよく聞かされていました。

1日に仕事を3つ掛け持ちしてきたとか、3〜4時間しか睡眠を取らなかったとか。

それだけ働いたから家のローンも10年で返せた、などなど。

孫である私の子どもたちに話しているのもたびたび耳にしていました。

確かに、義母は貯蓄も多く、今も余裕のある暮らしをしているとは思います。

でも......

「子どもが大きくなったら暇でしょう。これからはいくらでも働けるわね」

そうプレッシャーをかけてくるのにはうんざりしています。

具体的に私の仕事について聞きはしないのですが、電話をかけてくると必ず「今仕事中?」と聞きます。

いや、仕事中なら電話に出られないから、といつも苦々しい思いになるのです。

一般的に仕事をしているであろう時間に電話をかけてきて「仕事中?」もないだろ! 

そう突っ込んでしまいそうになりますが、仕事をしていないことを遠回しに非難してる? とうがった見方をしてしまいます。

ようやく子育てもひと段落しました。

子育て中は忙しくてなかなか会えなかった学生時代の友人と会ったり、プチ旅行に出掛けたり、趣味の時間を持てることに喜びを感じています。

けれど仕事人間だった義母は退職した今も「家に居ても何もすることがないわ、暇で暇でしょうがないわ」とぼやいています。

そして「あなたはまだまだいくらでも仕事ができていいわね」とこちらに転嫁してくるのです。

いい加減義母も趣味でも持って仕事以外に喜びを見つけて欲しい。

私のことはほっておいて欲しいと願わずにはいられないのです。

■おすすめの体験記
お義母さん...これ「わざと」では!? 玄関で毎日続く義母の「小さな意地悪」
「父の妻」として異様にプライドが高かった母。父が亡くなって母が涙を流した理由は...
ある休みの朝に起きた義母からの「電話攻撃」。数分おきに10回続いて...⁉/しまえもん

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

元気な義母さんですねぇ! 本当に仰る通り、その元気を今度は趣味に注げる様になると良いと思います。 義母さんの現役時代の自慢は、それだけ頑張って来たからこそで、わからなくはない心理ですが…それ以外に何もない人生だったとも言えますよね。 ご自分の存在価値の手応えを感じられる事(没頭の出来る趣味とか)を、義母さんが早く見つけられると良いのに。 仕事以外にも、人生を豊かにする世界がある事を知って欲しいです。 暇だ暇だと、その穴埋めを息子家族にばっかり向けずに。
編集の仕方なのか、投稿者が感情的なのか大切なことが書いてなくて伝わらない。 親が身を粉にして働いてくれていた理由。なぜ夫は1人だったのか。 身よりのない祖父母もいない土地で、子供の預け先もなくがむしゃらに働かないと食べていけない環境だったとか、後出しでシングルマザーだったとかはないよね。夫に父はいないの? 裕福だからこそ夫も苦学生にならずに済んだとか、働いていたけど、家事は母が頑張っていたとかあるはずだけど、感謝なく文句ばかりの男に育って。 大して稼いでなくて家計が苦しいのに子供3人も嫁は働くなとか、夫もダラダラ効率悪く働いてないで家事育児やれやと思う。 そんな役立たずで感謝知らない夫にできること。嫁に二度と母親からの電話に出ないでいいように、鉄壁のガードをすること。LINEもメールもブロック、着信拒否。 その設定は自分がした、文句は許さん!嫁を傷つけるのも許さん!と矢面ぐらい立てるでしょ。 傷ついてるぶって鬱陶しい男でも。 親が働いて寂しいなんてぐちぐち言えるやつは、親が働いていてもお手伝いすらやってないのに多い。面倒な義母と夫だな。
旦那にはっきり言わせればいいのに。 家に母さんがいなくて寂しかったから、俺が言って家庭優先の働き方をしてもらってるって。 と思っていたら... 投稿者さん、お若い方かと思ったら50代って。 きっぱりはっきり自分の意見を義母に言えないんですか? 仕事してたら電話に出られないでしょう?それともお義母さんは仕事中でも義理の母からの電話に出られる仕事の仕方してたんですか?くらい言えばいい。 そういう言い方は気分良くないです!って。 いい歳してどっちもどっちな話ですね。 こんな中年、年寄りにはならないようにしようと思うばかりです。
蓄えしなきゃと思うなら、バリバリ働けばいいのに。 子供が手を離れたなら暇でしょ? 私の周りの50代から70代の先輩方はみんな働いてお子さんの学費稼いだり老後の貯蓄、自分の趣味のお金稼いでますよ 義母さんから見たら歯痒いんでしょうね 言われても仕方ないのでは?
まさに余計なお世話ですね。こんなとこ見てないで、あなたこそ社会貢献でもしたら?
バリキャリ?ただ単に仕方なく働いていただけでしょう。有能な人は、嫌味なんか言わずに人をさりげなく動かす頭脳をお持ちです。大切な余暇の時間を、息子の嫁にくだらない電話で費やすなんて、愚の骨頂です。無駄に歳を取っただけの老婆ですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP