「息子は0歳で字が読めたのよ!」義母が無限リピートする「夫の天才エピソード」がつらい...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ゆでたまご
性別:女
年齢:40
プロフィール:フルタイムのワーキングマザーです。時短勤務からフルタイムになり、疲れが溜まっています。

13.jpg

遠方に住む義母(75歳)は息子であるうちの夫を溺愛しています。

やっと授かった待望の一人息子だったという夫。

今も実家に行くたびアラフィフの夫を「〇〇ちゃん」と追い回しています。

2カ月に一度は私達夫婦と子供の3人で義実家に行くことになっているのですが、行くと必ず話されるは「息子くんは天才!」という話。

また同じ話するの......?

毎回うんざりしています。

夫の天才エピソードは多種多様ですが、鉄板は「0歳で文字が読めた」というもの。

0歳の夫は、義母が読んでいた雑誌にのっていたロゴを読んだそうなのです。

夫はロゴを指差し喃語(乳児が発する意味のない声)だけれども、しっかり発音したと義母。

「確かに読んだのよ!」と興奮して語ってくれます。

また幼稚園のときは、大人のように話していたそう。

「丁寧な言葉づかいで、大人が話す言葉と同じような言葉を使ってたのよ!」

さらに小学校では、「学校の先生に、小1とは思えないっていわれてね! ◯◯ちゃんの書く作文だけ、大人みたいなのよ〜。天才だったのよ〜」とうっとり。

しかし......夫は心底うんざりした表情。

これらの話は小さい頃から何度も話されているそうで、また義母は家族だけでなく色々な人にも話しまくっているそう。

ほとほと手を焼いているというのです。

夫は義母に「やめてくれ!」と何度も言っているのですが、義母はどこ吹く風。

一向にこの「◯◯ちゃんは天才」話は収まることはありません。

ちなみに夫がいうには、これら天才エピソードは真実ではないそう。

エピソードの元ネタみたいなものははあるそうなのですが、義母の頭の中であれよあれよと尾ひれがついて「天才」と書き換えられてしまったといいます。

毎回聞くたびに話がどんどん膨らんでいく......。

気づいて注意しても止められなかったと嘆く夫。

そんな夫の言い分を聞くと、夫がかわいそうになってしまいます。

ですが私はあくまで嫁。

義母に注意することができずいつも「そうなんですね〜」と聞くしかありません。

ちなみに夫、とてもいい人なのですが、残念ながら義母がいう「天才」の片鱗はありません。

よき一市民です。

普通です。

義母曰く天才的文才があったといいますが、今や読書すら全然しません。

いわんや何か書くなんて...とんとしてません。

実家に行くたびに「〇〇ちゃん、〇〇ちゃん」と夫を呼んでは自分の話を聞いてもらいたがる義母。

本当に我が子がかわいいのでしょう。

子離れって難しいんだなと思うと同時に、自分は息子に対してこうはなるまいと心に決めています。

■おすすめ体験記
息子と娘の4人の孫。「大好き!」と言ってくれる娘の孫のほうがどうしても可愛くて...
「赤ちゃんって...」近所の小学校1年生の女の子の「予想外の質問」にうろたえる52歳の私
「お父さんが怖くて尊敬できないよ...」小学生の長男が涙ぐんだ、夫の「度が過ぎたある態度」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP