「お父さんが怖くて尊敬できないよ...」小学生の長男が涙ぐんだ、夫の「度が過ぎたある態度」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きたいしない
性別:女
年齢:45
プロフィール:結婚して十数年。義母と同居しています。

32.jpg

主人と結婚して15年。ありがたいことに、子どもも3人授かりました。

長男も小学生になり、物事の分別や、大人の言うことなどたくさんわかるようになってきました。

長男と話していると時に大人と話していたっけ? と勘違いするくらいで、その成長を嬉しく感じます。

しかし、そうはいってもまだ小学生。わかってはいるものの、できないことも多いし、これから覚えていくこともたくさんあります。

大人が伝えていくこと、もしくは大人の背中を見て感じていくことも彼らの成長の大事なポイントなのでしょう。

そして、身近な大人はやはり親。男の子ですので、主人の背中はよく見ていると思います。

ですが、その主人と長男の関係が崩れてしまったのです。

主人はというと、もともと「返事をしない」「人の話を聞かない」タイプ。誰にもなりふり構わず自己中心的いうよりは、主に私に対して亭主関白な人でした。

それが、最近では義母や子どもたちにもそういう態度をとるようになってきてしまいました。家族に対し甘えがあるのか、とても淡白に接することが多いのです。

そして、子どもたちはそういった様子をよく見ています。

先日長男が「お父さんに話をしても、スマホに夢中で返事もしてくれない」「話しかけても『うるさい!』と言ってスマホばかり見ている!」と涙ぐみながら私に話してきました。

ただでさえ普段から返事をしない人なのに、最近ではスマホ依存気味で、話しかけられても空返事すらなく、全く話を聞いていません。

今のご時世、スマホは大切な生活の必需品。仕事をしている私はネットスーパーなどの日々の買い物、小学校や地域の連絡事項のやり取りにも必須になっています。

だから、スマホをやるなとは言いませんが、主人の場合は度が過ぎるのです。

テレビを観ながらスマホの動画を視聴、トイレもお風呂にも手放しません。

私からも、時々注意をしますが「おまえだってそうだ!」「俺だけに言うな!」と聞く耳を持ってくれません。

ですが、長男は大好きな父親に無視され、しかも罵倒されたのです......。

「ごめんね」としか長男に言えなかった私。

今はとても後悔しています。

そんなことがあった後、主人が長男に話かけていました。ですが長男はテレビに夢中になって返事なし。主人は「返事ぐらいしろ!」と長男に怒鳴りつけました。

すると今回は息子も「お父さんもいつも返事しないじゃん!」と反論。長男が言い返すと、言い方も悪かったこともあり、それに対しさらに激怒した主人......。

このことを機に、長男は「お父さんが怖い」「尊敬できない」と言うようになりました。

もともと家事、子育てには関心がない主人。

さらに長男からは決定的に嫌われてしまいました。

このまま次男も同じ道を辿るのかと思うと辛くてなりません。非力な自分がとても情けないです。

関連記事:救急車に運ばれる私にも無関心な夫。この人とこれからも一緒に生きていくの!?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

きたいしないさんの旦那さんはうちの父と似ています。 亭主関白気味で、自己中心的。自分が何かミスとかする分には甘く、他人に厳しい。 そんな父を見て育ったからか、私の夫は私や娘大好きで、娘のお世話も進んでしてくれる人を選びました。 きたいしないさんの家庭の事情もあると思いますので、離婚を考えていないなら、息子さんたちには、お父さんひどいね、お父さんみたいになっちゃダメと言って育ててあげてください。お父さんみたいな人でもいいんだって思わせないことが一番だと思います。 ちなみに、私も父もおそらく他人と同居してるぐらいの感覚で過ごしています。一応、父親だという思いはあるみたいなのですが、家族らしさは薄いです(父が家にいるのかいないのか分からない日があるぐらい…) 私はなぜ母が父と結婚したのかすら疑問に思うし、なぜ離婚しなかったんだろう(金銭的理由とは聞いてますが…)とも思います。 少しでも気にしないさんの参考になれば…

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP