1人1本なのに、なぜか40本のマヨネーズが...! 義母がとった仰天行動

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:つよぽん
性別:女
年齢:38
プロフィール:2児のアラフォーママです。結婚を機に夫の両親と同居。義母行き過ぎた倹約家ぶりに驚かされています。

4.jpg

結婚を機に夫の両親と同居しています。現在義母は62歳、義父68歳です。同居を始めてから早10年が経過し、お互いのことを知りすぎるほどの関係になりました。特によく干渉してくるのは義母なのですが、その義母のマナーに関して気になる部分があります。

義母は根っからの倹約家です。孫にお菓子をおねだりされても、買うことはまずありません。お金は必要なときにしか使わないのです。また洗濯機や電子レンジなどを、何十年も使い続けるほど物も大事にするタイプ。つい新しい物を買ってしまう私とは真逆であるため、感心する部分もあります。ただ、いくら倹約家でもちょっとやりすぎなのでは?と義母の行動にあきれることもあるのです。

過去にコンビニのオープン記念として、新聞の折り込みチラシを持ってくとマヨネーズがもらえるというイベントが開催されました。義母がそのチラシを手にしたとき、目の色が変わり「無料!?」と飛びついていたのが印象的でした。イベント内容はチラシ1枚につき1本のマヨネーズがもらえるとのこと。またお一人様1本までと記載がありました。そこで義母が仰天行動を起こすのでした。

なんと義母は職場の同僚や友人から、チラシを集めのです! 2、3枚どころではありません。合計すると40枚以上あったと思います。そんなに集めてどうするの!?と義母に言いたかったです。いくら無料とは言え、マナーというものがあるのではないでしょうか......。

自分の親であれば言いやすいのですが、義母なので言いにくいところ。義母はチラシを持ち、車で出動しました。同じコンビニで複数のマヨネーズはもらえないため、最寄だけではなく遠方のコンビニまで出かけたのです。

一日で持ち帰ったマヨネーズの数は10本。さらに別日に変装して、同じコンビニへマヨネーズをもらいに行っていました。

義母の行き過ぎた行動には、ため息が出るばかりです......。気づけば、わが家のキッチンストッカーはマヨネーズでいっぱいでした。

集めたチラシはすべてマヨネーズと交換し終え、達成感に満ちあふれた義母。「金額にすると4千円近く得した~!」と満足気に話す義母を見て、こうした行動はマネしたくないと強く感じました。

マヨネーズを複数本分けてもらい私も助かったのですが、やはり義母の行動は完全なるマナー違反だと思うのです。直接義母に言いづらかったので、夫を通じて伝えてもらいました。それでも義母に反省の色はなかった様子です。あきれるほかありません。

そして、マヨネーズをもらってから数カ月。ふとパッケージを見ると賞味期限間近になっていることに気づきました。大量に調味料を作るなどして消費しない限り、短期間で使い切るのは困難です。

まだ10本以上もあるマヨネーズ。せっかく無料でたくさんもらっても、ムダになるのは避けたいところです。そこで結局は友人や近所の人たちにマヨネーズを配り、賞味期限内に使ってもらいました。なにごともほどほどが一番だと痛感しています。

関連記事:「これ、まだ使えるかも...」にご用心。使えない‼ゴミになっていませんか?/大人のラク家事(9)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP