息が臭くなり、目ヤニも増えて...排泄を促進して血液を浄化する「断食」のデトックス効果

糖尿病や高血圧、心筋梗塞に脳梗塞...こういった怖い病気の原因が、実は「食べすぎ」にあることをご存知でしょうか。「"ちょい空腹"が体にさまざまなメリットをもたらす」と提唱する医学博士・石原結實さんは、これら「食べすぎ病」の蔓延に警鐘を鳴らしています。そこで、石原さんの著書『やせる、若返る、病気にならない ちょい空腹がもたらす すごい力』(ワニブックス)から、人生100年時代を健康に過ごすための「食べすぎない技術」を連載形式でお届けします。

pixta_59001636_S.jpg

断食で得られるデトックス効果

デトックス(detox)とはトキシン(toxin:毒)を外へ出す(de-)、という意味です。

数日間の断食を経験された方には、2日目あたりから、

・日を追うごとに吐く息が臭くなる。

・目ヤニや痰が多くなる。

・鼻づまり、鼻汁が出る。

・発疹が出る(人もいる)。

・尿の色が濃くなる。

・舌の上に黄~茶の苔(舌苔)が生じる。

・女性は帯下(おりもの)が見られる(こともある)。

などの排泄現象のオンパレードになります。

人体には「吸収は排泄を阻害する」という生理上の鉄則があります。

それは、食べれば食べるほど、消化・吸収のために血液は胃や小腸に集まり、排泄臓器の大腸・直腸・腎臓・膀胱への血流が少なくなり、大・小便などの排泄現象が減弱する、という意味です。

そして、「逆もまた真なり」で、空腹・断食により、胃や小腸へ血液を集める必要がなくなると、排泄臓器への血流が旺盛になり、排泄が促進されます。

それだけでなく、実は涙腺・肺・気管支・鼻粘膜・汗腺・皮脂腺・子宮・膣などへの血流もよくなり、それらに関連する排泄現象も促進されるのです。

俗に言う「目糞、鼻糞、糞、小便、汗......」などの排泄物の中で、糞(大便)以外は、血液の中の汚れ(老廃物)が分泌・排泄されたものです。

よって、こうした排泄物が増えるということは、血液が浄化され、体内がどんどんきれいになっていると言えます。

いわゆるデトックスがなされているわけです。

ノーベル生理学・医学賞受賞のフランスの生物学者アレクシス・カレルは断食とデトックスの関係について、こう言っています。

「断食こそ、我々の器官と体液を浄化し、組織と精神に著しい変化を与え得るものだ」

断食が促進するオートリシス(自己融解)とは?

19世紀のロシアの病理・生物学者パシュケンは「空腹時には、より弱い器官を犠牲にして、より強い器官が生きていく」という説を立てました。

そしてその仮説に基づいて、断食する(空腹になる)と、

1.体内の老廃物や余分な脂肪が、生命にとって必須の臓器(脳・心臓・肺・内分泌腺・肝臓・造血器官など)に優先的に利用される。

2.病変のある組織、腫瘍、水腫、浮腫、炎症といった、本来健康体には存在しない異質の組織(病気)からタンパク質を利用する。

3.タンパク質が利用されることによって、これらの病変が消失する。

という現象が順番に起こることを明らかにしました。

この現象は、オートリシス(autolisys:自己融解)と呼ばれています。

オートリシスこそ断食による自然治癒力のメカニズムの1つです。

しかも、断食中は、よほどの長期にわたらない限り「正常組織」「重要臓器」の融解は行われないことがわかっています。

名医が教える人生100歳時代の食事法『ちょい空腹がもたらす すごい力』記事リストはこちら!

087-H1-choikuhuku.jpg書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

石原結實(いしはら・ゆうみ)

医学博士。1948年、長崎市生まれ。長崎大学医学部卒業後、血液内科を専攻。スイスの自然療法病院、B・ベンナークリニックやモスクワの断食療法病院でがんをはじめとする種々の病気、自然療法を勉強。著書は『「食べない」健康法』(PHP研究所)、『「体を温める」と病気は必ず治る』 (三笠書房)など300冊以上。海外でも合計100冊以上が翻訳出版されている。

shoei.jpg

『やせる、若返る、病気にならない ちょい空腹がもたらす すごい力』

(石原結實/ワニブックス)

糖尿病や心筋梗塞、がんといった怖い病気。実は、そのほとんどが「食べすぎ」なければ避けることができるかもしれません。「朝食を抜く」「ショウガを多用する」など、簡単ですぐに実践できる健康的な「食べすぎないコツ」を、名医が教えてくれる「プチ断食マニュアル」です。

※この記事は『やせる、若返る、病気にならない ちょい空腹がもたらす すごい力』(石原結實/ワニブックス)からの抜粋です。
PAGE TOP