42歳独身の一人娘が突然「海外に行くことにした」宣言。心配と応援したい気持ちの板挟みでモヤモヤ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きいこ
性別:女
年齢:66
プロフィール:24歳の時に一人娘を出産。娘は独立し、現在は夫と二人暮らし。

3.jpg

私の娘は42歳独身、兄弟姉妹はおらず、一人娘です。これまで会社員として、大学を卒業してから20年ほど同じ会社に勤め続けてきました。娘にも恋人がいる時期はあり、結婚に至りそうなおつき合いもあったようなのですが、結局のところ結婚までは結びつかなかったようで、いつの間にか42歳になってしまいました。
30代半ばくらいまでは、結婚に対しても意欲があり、人の紹介で会ったりもしていたようですが、娘としてはもう結婚は無理かなと感じているかのようなことを話していました。

私と夫としては、もう年齢も年齢ですから、子どもはどちらでもいいのでせめて誰かと結婚してもらえれば、親としても安心だと思っていました。私たちがいなくなったあと、兄弟も姉妹もいない娘が、一人ぼっちになってしまうかもしれないと、心配なんです。

ですが、とある日、娘が突然「会社を辞めて海外に行くことにした」と言い出しました。娘も娘なりに、将来のことについて悩んでいる様子でした。

娘としては、もう結婚する気もなく、同じ会社にずっと勤めるよりも、やりがいのあることをしたいと思ったようなのです。会社ではリーダー的な地位にいるようなのですが、その地位にも仕事の内容にも、もうあまり魅力を感じていないのだと。

まずは、海外でボランティア活動をしようとしているようで、知らない間に着々と準備を進めていたみたいです。娘は一人暮らしをしているので、夫も私も、娘がそんなことを考えていたなんて、思いもしませんでした。

娘は、大学時代にも海外にボランティア活動をしに行った経験があります。当時もすごく充実した経験だったようで、いつか海外で働きたいなんて言っていたのを思い出しました。もしかすると、昔叶えたかった夢を叶えようとしているのかな、とも。

子どももいないし、結婚もしていないのだから、せめてやりがいのあることをしたいという娘の気持ちも分からないではありません。ただすぐに会うことができない遠い土地に娘が行ってしまうことも心配だし、娘の老後も心配なんです。

とはいえ、娘と話をしてみると、もう会社にも退社の意向を伝えているようで、決意がゆらぐことはない様子。「老後が心配」と伝えても、今から老後のことなんて話さないで!と突っぱねられてしまいました。

かわいい一人娘なので、海外なんて行ってほしくないというのが私の本音ではあります。ですが、かわいい一人娘だからこそ、悔いのないように生きてほしいと、娘の決断を応援したい部分もあります。
娘が心配な気持ちと応援したい気持ちに板挟みになっており、葛藤する毎日です。

関連記事:「恵まれた家庭環境=婚期が遅れる」説にあなたは賛成? それとも反対?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

心配ですよね。。わかります。。 ですが、娘さんの勇気ある決断と行動を尊重し、そっと見守って欲しいと思います。この決断って中々できるものではできません。親からもらった人生。とはいえ、今は彼女の人生ですから応援してあげましょう。
ぜひ行かせあげてください。 人生観も親の世代とは随分違うはずですし、このまま何も変えなければ、後悔するのは本人です。大きな決断からは成功しても失敗しても良い学びが得られますよ。
娘さんの決断を外から見守ってあげて下さい!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP