「ばあさんのためなのに!」イライラをぶつけた義母に、逆に教えてもらったこと/なとみみわ

人気ブロガーのなとみみわさんが、義母の「ばあさん」(2018年、88歳で他界)の介護エピソードを中心に、「夫婦」「実母」「義母」などブログでは書ききれなかったの話をご紹介する連載企画! 腎臓病を患ったばあさんが透析にならないよう、「食事制限」に立ち向かうと決めたなとみさん。でもあまりの大変さにばあさんにあたってしまい・・・。

前回のエピソード:義母の病気は嫁の責任?頑張りすぎは自分も周囲も傷つける

natomi 1.jpg

張り切ってスタートさせたばあさんの食事制限。
やってみると結構大変で、負担がデカすぎた。

仕事の激務と重なって、イライラが爆発。
私が無理をすることを、1ミリも望んでないばあさんに当たってしまった・・・

食事制限を始める時もばあさんは
「もういいのよ」って言ってたのに。

natomi 2.jpg

ばあさん、無理してごめん。
きっと、ばあさんも苦しかったよね。

これからはテキトーに頑張るんで、テキトーによろしく。

何事も無理は良くない(笑)

わかっていたはずなのに、今回は己で己の首締めすぎました・・・。

一応、私はばあさんの介護のキーパーソン。
(キーパーソンって、介護をしていく上で、中心となる人のこと。
なんかこれも嫌よね~。一人にだけ押し付けられたみたいで・笑)

キーパーソンのなとみがパンパンになっちゃうと、ばあさんにも優しくできない。

お互いが少しでも笑っているためには、家族や周りの人に助けを求めるとか、外部のサービスを上手に使うとか・・・

とにかく一人で背負い込まない!!!と、学んだ出来事だったのであります。

【次のエピソード】ウソでしょ!? 腎臓病で食事制限中の義母のカバンから出てきたものは・・・

最初から読む:義母に「せん妄」の症状が...!介護と同居は、ある日突然やってきた/なとみみわ

【まとめ読み】笑いと涙の「ばあさん」との介護の日々!なとみさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍


81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

【2019年5月発売!】ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメント一覧

始めまして、私は介護の仕事をしています。ばあさんカワイイですね。ご家庭での介護の大変さあたたかさが伝わってきました。
まさに真っ只中 日々老いていく母を見ながら切なくて悲しくて 参考になります。 ありがとう。
高齢者で病気も多く持っていますが自分のことは何とか出来ています。 近くには住んでいますが息子二人は家庭があって子供はまだ小さいです。夫も78と高齢ですが元気です。私も今のところは孫の面倒は見られますが、これこら年をとるのが怖いです。
今は入所している認知症の義父。 入所までの5年間を今では〜してあげればよかった…と思えるのにあの頃は目一杯でした。 結局介護の大変さって日常にあるのではなく、同居している家族の思いやりです。何かあれば責められる、もっと気を付けてやって。仕事だからと何もやらない夫からの言葉に疲れ切っていました。 救いだったのは、徘徊で帰らない義父を一緒に探し回ったり、食べ物を求めて鍋にも手を入れるのを見ていてくれた子供達の存在です。家での大変さを理解せずありがとうの一言も言わなかった夫の対応は、3年経った今でも私や子供達の間に隔たりを残しています。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP