「リボ払いの借金」を抱えたまま結婚した私。ある日、主人への「小さな嘘」が限界に達して...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ひより
性別:女
年齢:35
プロフィール:パート先でマラソン部を作ってウォーキングを始めました。

22.jpg

独身時代、アパレル会社に勤めていました。

販売員としてお店で販売しているものを購入して身につけ接客していたので、給料のほとんどを洋服代に使い、足りない分はクレジットカードのリボ払いとカードキャッシングをしていました。

当時付き合っていた今の主人は真面目で、お金の管理などに厳しい印象があったため、私のカード返済のことは言えずにいました。

そして結局リボ払いの返済が終わらぬまま結婚。

すぐに子供が欲しかった主人からは、仕事を辞めてしばらくは専業主婦になって欲しいと言われて退職しました。

カードの返済額を一番少なく設定し、しばらくはなんとかやりくりできていたのです。

しかし、主人の転職なども重なり、厳しい時に再びカードキャッシングをしたりして、結局借金が増えていきました。

このままではいつまでたっても借金が減らないと思い、弁護士に相談して債務整理をすることにしました。

......もちろん主人には内緒で。

債務整理は自己破産と違い、「家族にバレずにできる」と聞いていたので、これでやっと完済の目途がついたと思っていました。

ですが、私のお金の使い方に疑問を持った主人から、ついに問い詰められてしまったんです。

これまでたくさんの「小さな嘘」でごまかしてきましたが、もうこれ以上嘘はつけないと観念してこれまでの借金の話をすべてしました。

結果は...やはり主人は怒りました。

元々すぐカッとなる人で、それが怖くて今まで言えずにいたのです。

怒られている時には、「やってしまった」という後悔の気持ちと、「やっと言えた」というスッキリした気持ちが入り混じりました。

怒った主人からは「離婚しよう」と言われました。

意外にも、悲しいという気持ちはなく、「子供たちをどうやって育てていこうか」という事を考えていた私。

寝る直前まで愚痴愚痴と怒られましたが、次の日に主人から「離婚はやめておこう」と言われ驚きました。

こんな私でもやはり一緒にいたいと思ってくれたそうで、なにより子供たちと離れるなんて考えられないと思ったそうです。

ありがたいと思った反面、やっと怖い主人から開放されるとも思ってしまったため、ガッカリした自分もいました。

主人と離婚の話になった時、同居している主人の母は、さっそく親戚中に電話で報告していたので、今後親戚の集まりがあった時気まずいです。

私が悪いのは重々承知していますが、これ以降何かあるとすぐこの借金の話を蒸し返されるのがしんどいです。

もうそれならいっそ離婚してくれ、とも思うのですが、私から言えるような立場ではないですし、返済が終わるまでは大人しくしていようと思っています。

■おすすめ体験記
「結婚したら性行為は義務。できないなら離婚!」夫に振り回されたあげく暴力も。私の10年間は何だったの?
すべての会話に「うるせー」「バカ」。結婚15年、仲が良かった主人が豹変した哀しい理由
夫よ、私たちの気持ちも考えて! 連れ子の22歳娘との「水入らずの旅行」を夫にお願いしたら...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

あなたが悪いですね
同情の余地はないですね。
悪くないと思う。 みんなそれぞれ 事情があると思うし 言うにも言えないのはほんとに辛いですよね。 否定してる人はさぞや立派ななにも問題ない人なんでしょうね
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.01.25
人には誰しも多かれ少なかれ抱えてる問題があると思う。今まで家庭のことを考えて努力しつつやってきてるのに関係のない人に言われる筋合いはないと思います。 家族になったご主人とは所詮赤の他人です。 自分の人生ですから自分のことは自分で整理しながら無理しないで自分に素直に頑張ってください。
よく頑張ってこられましたね。 本当に目の前の人に大きなことを隠し続けながら、子どもたちを育ててこられたこと、お金の心配をしながら日々の生活を営んでいたこと、本当に心苦しいことがたくさんあったかと思います。 何が正解の生き方かはわかりませんが、これから先はひよりさんが自分にとっての一番大切なものを選ぶ生き方、それが親族とのやりとりも含めてこのまま夫婦を続けるのかや反対に子どもたちを伴って再スタートを切るのか、何がひよりさんの一番求めるものかはわかりませんが、そのことを選ぶことをご自分に許可してあげてもいいんじゃないかと思いました。 これまで色々あっても生きてこられたこと、家族を守ってきたことがひよりさんの何よりもの大きな勲章だと思います。 どうか自分を労ってください。借金という社会的な失敗ではなく、その中でもがんばり続けてきた自分自身をどうかいたわってください。 今後ひよりさんの望む人生に向かわれることを心よりお祈りしています。
全然悪くないと思います。 このご時世、そんな人、いっぱいいますよ。 すぐに離婚だ!っていうご主人や、お姑さんさん、、この先心配ですね みなさん、よほど立派な方なんですね
1人で苦しんで大変でしたね。そんな人いっぱい居ると思う。旦那さんが怒る気持ちはわかりますが、義 母とやかく言うのは筋違い、夫婦の事には口出しすべきでは無いと思うし、旦那さんが母親に口出しするなと言うべきです。家庭の事はやっているんだし
最初に話さないのか疑問。 私は正直に言ってよかったと思ってます。
たぶん仕事用の服だけじゃないよね、借金。リボなんてまともな支払い方ではないし、借金があるのに退職する意味が分からない。それが旦那の意向だとしてもね。というか退職金はどうしたの?それ返済に当てても足りなかったの?全体的にだらしない感じがする。旦那さんがカッとしやすいのも、そんなあなたに対してだからじゃないの?って思った。
姑と暮らしてるだけで偉いよ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP