「きれい好きだったもんね」お墓掃除に向かった息子と娘の姿ににじむ、亡くなった義父の深い愛情

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きっこ
性別:女
年齢:50
プロフィール:雪国の田舎の長男に嫁いで四半世紀。夫、義母、社会人の息子と娘と5人暮らし。

20.jpg

結婚と同時に義両親と同居して25年。

昨年、義父が癌で亡くなりました。

義父の人物像をお話させていただくと、とにかく「清潔感」を大切にする人。

義両親の部屋はもちろん、家のトイレや玄関はたいてい義父が掃除をしていました。

神経質というわけではなく穏やかな人柄でしたので、家をきれいにする義父の姿が私にとってプレッシャーになることはなく、働きに出てからはむしろとても助かっていました。

ただ、義父は昔癌を患ったこともあり体が弱く、私が育休中で家にいる間は何度も一緒に病院へ足を運びました。

義母は車の免許を持っていない上に足が悪いため付き添えず、夫は結婚後に単身赴任になり週末のみ帰ってくる生活。

「私は義父と結婚したのかしら...?」と思うこともしばしばでした。

それでも義父は細く、長く生き続け、私たち夫婦の子どもを成人まで見届けてくれました。

ところが、80歳を迎えた頃に癌が再発、膀胱への転移も見つかりました。

高齢のためか進行は遅く、それからは検査や抗がん剤治療の為に2カ月に1回入院していましたが、少しずつ病状は悪化し、入院の頻度も増えていきました。

トイレやお風呂にも行けなくなり、きれい好きな義父は精神的にもつらかったと思います。

入院中にとうとう寝たきりになり、会話すらできなくなってからも...家族に下の世話をされるのだけは頑なに拒否。

最低限の世話しかさせないまま、自宅に戻ることなく逝去しました。

何度も入院していたので、馴染みのある方ばかりの看護師さんは、泣き崩れる義母に優しく寄り添い、「いつも身だしなみを整えて、病室もきれいに使ってくれたから、うんときれいにしておうちに帰ろうね」と、義父の遺体を丁寧に拭いてくださいました。

その後は長男の嫁として、隣近所が総出の葬儀に多忙な日々が続きました。

しばらくして来客も減り、仕事にも復帰した頃。

ふと義父の遺影を見た時に...切ない気持ちが湧いてきました。

「会話ができない義父に話しかけたりマッサージしたりしたけれど、本当にしてほしいことはできていたのかな...」

「本当は住み慣れた家で最期を迎えたかったのかな...」

そうこうしている間に今度は四十九日が近付いてきます。

我が家は四十九日に納骨をするので、「お墓掃除しなきゃ...」が毎日の口癖になっていました。

そんな中、法要の1週間ほど前、こんな出来事がありました。

息子と娘がホームセンターに行き、タワシや石材用洗剤を買って帰ってきました。

「何するの?」と尋ねた私に、ふたりはこう言いました。

「きれい好きだったおじいちゃんが『こんな墓にゃ入りたくない!』って怒って成仏できなかったら大変だからね~」

そう冗談を言いながらお墓掃除に行ってくれたのです。

お墓を気にかける私を気遣ってくれたこともあるでしょうが、ふたりからは、祖父への愛情がにじみ出ているようでした。

というのも、ふたりは私と夫が共働きで家にいない間、祖父母に面倒を見てもらって成長しました。

祖父と孫たちで、どのような話をし、どのように時間を過ごしたのか......。

親の私たちは知り得ません。

でもお義父さん、あなたが孫に惜しみなく注いでくれた深い愛情を、あなたが亡くなった今、彼らを通して私も感じています。

本当にありがとう。

人気の体験記:最期まで子どものことを考えて......。なくなる8カ月前にマンションを買った母

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

いい話だけど、墓石は亡くなった人そのものだっていうから、洗剤やタワシでゴシゴシしたらおじいちゃん痛いと思う。
いい話だなと思ってコメ見てワロタ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP