「デイのみんなが私の家族やもん!」私がデイサービスで経験した感動のシーン/ゆるゆらり

介護福祉士として働きながら、介護漫画を描いている、ゆるゆらりと申します。

前回の記事:イライラMAXだった「義母との同居ストレス」を減らしてくれたのは...!?

デイサービスは、その方の生きる力を最大限に発揮できる、寄り添う介護を心がける施設です。

そこで働く中、様々な感動のシーンを見せていただいています。

戻るために1.jpg戻る為に2.jpg

介護が必要になり家の中に居場所がないように感じる方、また一人暮らしで家の中では喋る相手もいない方‥そんな方々は、まるでデイサービスのスタッフを家族のように思ってくださっています。

今でも心にのこる、利用者さまの言葉――

「人生の最後に、こんな素晴らしいところに来れて、私は幸せや」

いつも、そんなデイサービスでありたいものです。

アラフィフで主婦から介護の仕事へ!? ゆるゆらりさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆるゆらり

ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメント一覧

認知症になってしまった母をただただ不憫に思いましたが、今振り返ればデイへ楽しみに行けていた頃が母の黄金期だったと思えます。人生の終盤に同世代の仲間と集い、体操したりお茶を飲んだり‥そんな簡単な言葉では済まないと思いますがここも素晴らしい社会だと思います。介護のお仕事をされてる方には頭が下がります。おかんさんありがとう♡
本当にこういう方が支えてくれると思います

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP