「最後まで在宅を」は叶わなかったけれど...デイサービスを安らぎの場所に/ゆるゆらり

デイサービスで介護福祉士をしながら、ブログ、インスタで介護や家族の漫画をアップしています、ゆるゆらりと申します。

前回の記事:「年寄りの幼稚園」...とんでもない!私たちのデイサービス

「最後まで在宅介護を‥」そう望まれる利用者様やご家族は多いのですが‥

様々な条件をクリアしないと、それは難しいのは事実です。
介護の手が多い、
本人が介護を受け入れてくれる、
そして介護サービスを十分に活用できる等々...

これは、「最後まで在宅を」望まれていた、ある利用者様とそのご家族のエピソードです。

最後までデイサービスで1.jpg最後までデイサービスで2.jpg

お手紙を読みながら、その方のヒマワリのような笑顔を思い出さずにはいられませんでした。

デイサービスは、最後の最後まで寄り添うには、限界があるかもしれませんが、最後の最後まで利用者様とご家族の笑顔と安らぎを作り出せる場でありたいと...あらためて思いました。

アラフィフで主婦から介護の仕事へ!? ゆるゆらりさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆるゆらり


ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP