私はテレビが始まるまでの繋ぎ? 夕飯の支度時の「義母からの長電話」にウンザリ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:もよこ
性別:女
年齢:52
プロフィール:何にも縛られず生きれたらいいのにと夢見る50代。

39.jpg

10年ほど前に義父を亡くして以来1人暮らしの義母は75歳です。まだ仕事もしていて、趣味の家庭菜園に精を出し、車を運転して我が家へも1時間以上かけて度々やって来るくらい元気でバイタリティ溢れる人です。

日中は忙しくしているようなのですが、夜になるとテレビを観るくらいしかすることがないようで、しょっちゅう電話をかけてきます。

1人でいると話し相手もなく、退屈なのはわかるのですが、枕詞のように「今忙しい?」と聞きはするものの、こちらの返答も聞かずに喋り出します。早寝早起きで夜10時までには寝る義母は、夕方6時に夕飯を済ませた後、ゴールデンタイムのテレビが始まるまでの時間を持て余しているらしく、こちらにしてみれば一番忙しい時間に電話をしてくるのです。

そしてその内容が・・・酷いんです。

毎度気の滅入るような悪口のオンパレードで、聞いていて全く愉快なものではありません。

「会社の〇〇さんに孫ができたけれど、3カ月以上経つのにまだ一度も会わせてもらえないんだって」

「会社の△△さんは仕事が遅くて迷惑ばかりかけてていつも助けてやっていたのに、とうとう辞めさせられたのよ」

「近所に住む〇〇さん、最近顔色が悪くて痩せてきてすごく心配なんだけど、悪い病気かしら」

いつもこのような話ばかり。しかも、まるで「近所に聞こえては大変!」とばかりに声を潜めてしゃべります。...それほど心配しているようには感じないのですが。

私は、義母が話題にする「近所の人」も「会社の人」もまるで知らないので、相槌を打つだけ。しかも、自分でも「あまり興味がないことがわかってしまうかな?」と思うくらい、気のない返答をしてしまうのですが、義母は全くおかまいなしに話を続けます。

とはいえ、相槌を打たないと「もしもし、もしもし、聞こえてる?」。

正直舌打ちしそうになるくらいイラッとします......。

電話を肩で挟んで野菜を切ったり鍋をかき混ぜたりしているので、指を切りそうになったり火傷しそうになったり、と迷惑この上ありません。話の合間合間に「忙しいのにごめんねえ」と挟むのですが、それでも話は終わりません。そして話したいだけ話すか、見たい番組が始まるかすると、唐突に「あら、また喋りすぎたわね、忙しい時間にごめんね、じゃ」でブチッ。

これが毎度のことで、いつもどっと疲れが出ます。

夫が帰って来るとせめてもの腹いせにと「今日お義母さんから電話あったよ、〇〇さん病気かもって。顔色悪いから心配なんだって。あなたとも喋りたいんじゃないの、電話してあげたら」と伝えますが、夫は私以上に興味がなく右から左へ聞き流すので、余計腹立たしくなります。

電話が鳴るたびに、ディスプレイに義母の名前が浮かばないかと恐々とする毎日。はっきり言って、うんざりしています...。

関連記事:「あなたが甘い!」大学生の息子の育て方に文句を言う70代知人の電話にうんざり

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP