「ここは平和だ...」盲目の父が見ている幻覚ワールドがリアルすぎるっ!/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、超人気ブログ「カータンBLOG」からご紹介。前回、母が迷子になったショックからか父の様子に異変が。どうやら幻覚を見ているようで...

前回の記事:霊との交信?それとも認知症...!? 全盲の父の「幻覚ワールド」が炸裂して...

父の幻覚がひどいということで

実家に泊まることになった。

6609f702-s.jpg

父には隠さず正直に伝えた。

ネットには頭から幻覚を否定しない
そう書いてあったけど、
私はまだ父が一時的に混乱していると
思いたかったのだ。

まず気がかりは夜中のトイレだ。

父は視力を失ってからリハビリを重ね、
自分のベッドからトイレまでの道順は
しっかり把握していた。

しかし、リハビリの先生曰く

f4270b36-s.jpg

父はこんなことを言い出した。

ec3dd688-s.jpg

すると、父は驚いて

db466856-s.jpg

やっぱりリハビリの先生が言ったように

父は幻覚の世界にいる。

7bba9ed0-s.jpg

父は辺りを見渡し・・・

70c053e9-s.jpg

リハビリの先生から

霊的なものではないと言われたけど・・・

acb177f3-s.jpg

つい霊的なものに結ぶつけては

怯えてしまう。

怖いよ!怖いよ!
父は怖くはないのだろうか?

43d78b2e-s.jpg

思わず部屋に向かって叫んでしまった。

177bc2c6-s.jpg

霊的なものじゃないって言われただろが!

父の幻覚を聞きながら、
私はスマホで調べていた。

c663bf4a-s.jpg

レビー小体型認知症、せん妄、

シャルル・ボネ症候群・・・

せん妄か・・・

せん妄なら経験があった。

今は亡き義父が入院した時だ。
病院のベッドの上で
天井を見上げながら

60333c31-s.jpg

長々そんなことを語っているから

どうかしてしまったのかと怖くなって、
急いで看護師さんに報告に行くと

512c4beb-s.jpg

義父は、現役時代

地質を調べる研究をしていて
国内外の地層を見て回っていた人。
若き日に見た情景を
思い出しているようだった。

eb6222b1-s.jpg

父「パパが見えてるものは幻覚なのか?」

私「パパは2年前に視力を失ったでしょ」
父「こんなにクリアに見えるから、奇跡が起こって目が見えるようになったと思った」
私「違う。見えてる世界は幻覚だよ」


徐々にだが、父は今見えてる世界が
幻覚であることを理解し始めた。

でも、そうわかっていても
あまりにもクリアな幻覚の世界が
目の前に広がるため混乱する。

そして、気づかないうちに、
また幻覚がリアルな世界だと勘違いする
そんな繰り返しだった。

ただ父が今どんな世界にいるのか
私はとても興味があった。

e782b133-s.jpg

普段から『口から生まれた男』

そんな異名を持つ父だ。

私に頼まれ、大張り切りで
事細かに状況を説明してくれる。

父が見ている世界。

ある時は・・・

07f0023a-s.jpg

日頃の妄想の成果か?

父の話を聞いていると、
私の頭にも幻覚の世界が見えてくる。

私「お弁当の中身は何なの?」
父「ちょっと待って。見てみる」
覗き込むような仕草をして
父「お赤飯だ」

またある時は

4d6c9b29-s.jpg

何かを受け取る仕草をしたので

6e2e8ad8-s.jpg

父の幻覚ワールドは、

ちょっと怖くて、すごく不思議で
かなり興味深かった。

でも、私は後悔してた。

さすが『口から生まれた男』の異名を
持つだけの男だよ!
まぁ喋るわ、しゃべる・・・

de9941ad-s.jpg

結局、その日は朝の5時まで、

父の幻覚ワールドに付き合わされ・・・
眠くて朦朧として、
私まで幻覚を見そうになったわ!

次回は、
今後の方針をあれこれ考えた
2日目の夜 につづく

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

ご心配をおかけしているので、先に話すと、私が泊まった2日目に父の幻覚率2割、一人でトイレ行く行為は80点。3日目の朝にはトイレに1人で行かれるようになった(100点)。4日目には「トイレに行きたくなくても、トレー二ングでトイレに行って練習してる」と。問題の幻覚は?「今日は1回見た!でも、あんなカラフルな幻覚ではなく、歌を歌ったら消えていった」と。まだ安心はできないが、少しだけホッとした感じだ。

おしゃべり好きな父の面白エピソードも満載!カータンさんの記事リストはこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP