「病に襲われた夫を私は支えられているの!?」悩む私に、優しい夫から届いた一通のメール

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:天然水
性別:女
年齢:40代
プロフィール:毎日笑顔で楽しく! を目標に生活していきたいと思っている主婦です。

pixta_49415902_S.jpg

結婚してから不妊治療を経て、現在は夫婦二人での生活を送っています。

私はもともと健康で活発だったのですが、不妊治療と加齢からか体調を崩すことが多くなってきました。

ある日、就寝していた私は突然の腹痛に襲われました。

仕事で深夜に帰宅した夫は激痛に苦しむ私をみて「救急車を呼ぶ?」「病院に行く?」と身支度を整えてくれました。

その時は痛みが落ち着いていたので「朝まで様子を見る」と夫に伝えたのですが、4時間ほど後に、また激痛に襲われました。

夫に「タクシー呼んで病院行きたい」と伝えると「お酒は飲んでないから大丈夫だよ」とまさかの言葉。

いつも晩酌する夫が、お酒を飲まずに寝てくれていたのです。眠いはずなのに病院に付き添い、その後出勤していった夫をとても頼もしく感じました。

でも、今度はそんな優しい夫にピンチが訪れました。突然体調を崩したのです。

「今日会社で激しく動悸がして。数分でおさまったんだけど...」

心配なことを口にする夫。いままでそんなことは一度もなかったそうなのです。

さらに、帰宅直後、苦しそうなので血圧計で測ってみるとなんと200! 加えて、激しい不整脈も見られます。慌てた私は「どうしよう、どうしよう」とバタバタ...。

18.jpg

「落ち着いて。もう夜間だからどこの病院に行けばいいか調べてみて」

「保険証とお薬手帳と、今測った血圧計が入るバックを準備して」

そんなときでも夫は冷静に私に指示を出して、自分は身支度を整えていました。

病院に着くと、私が手続きする間に夫は診察室へ入っていきました。

「奥さん、中にどうぞ」と呼ばれ診察室に入ると、心電図の検査器具をつけ、腕には点滴をして横たわる夫。初めて見る彼の姿に、私の目は涙でいっぱいになっていました。

でもそんな状況でも夫はにっこりと私に微笑んで「大丈夫だよ」と。

その後、いくつかの検査をするために数回通院し、専門医の診察を受けました。

結果は...「現在は症状が出ていないものの、今後も繰り返し起こる可能性のある病気」ということでした。

治療法としては、症状が出た時に薬を飲むか、心臓の手術をするか。お医者さまからは「ご家族と相談してよく考えてみてください」と言われました。

さすがの夫も「心臓の手術」には動揺したようです。

とりあえずは投薬を選択し、その後どうするかはもう少し考えたい、と言います。

今回のことで、より一層「夫を大切にしなくては」と思うようになりました。

二人で過ごすと決めた時も、子供を持てなかった罪悪感でいっぱいな私を「大丈夫だよ、二人で生きていこう」と優しく包んでくれた夫。

いつも支えてもらってばかりで「私は夫を支えられているの?」とも思ってしまいます。

でも、先日夫からこんなメールが届いたんです。

「次の病院の予約、火曜日で大丈夫?」

自分の通院日を決めるのに、夫が私の予定を聞いてきたのです。

「一緒に行ってほしい」とは直接言われてないけれど......

「私も夫の支えになれているのかな」

そう思えた瞬間でした。

関連記事:母から聞いて涙が...腫瘍が見つかった父へ、夫が送ったメール

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP