「通帳を返して!」怒り狂った認知症の母からの「連日の電話」に涙.../ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

前回の記事:お金の管理は誰がする?認知症の母の通帳を巡る攻防戦

認知症になった実母・あーちゃんが管理できなくなった通帳を預かったものの、何故自分で通帳を持てないのか納得がいかず不穏になっていくあーちゃん。

会う度に

「通帳を返してよ!自分で持っていたいの!」

と言われていました。

通帳を預かっている姉・なーにゃんの所へは毎日電話をかけてきて、

Image.jpg

と物凄い喧嘩腰で言ってきました。

いくら色々説明して、もうあーちゃんには通帳の管理は出来ないと言っても

Image-1.jpg

と怒り狂うあーちゃん。

なーにゃんが時間をかけてあーちゃんをなんとか宥めてやっと電話を切っても、

Image-2.jpg

あーちゃんはすぐに電話をした事自体を忘れてしまうので、数分後にはまた全く同じように喧嘩腰で電話をかけてくるのです。

Image-3.jpg

これが毎日何度も何度も繰り返されて、なーにゃんは辛くて涙がでました。

Image-4.jpg

この頃のあーちゃんは精神的に不安定で酷く怒りっぽく、顔つきも険しかったです。

それは本人が自分自身の変化を感じての不安によるものなのかと思っていましたが、今思えばアルツハイマー認知症患者によく見られる易怒性(いどせい、怒りっぽさ)によるものだったのかもしれません。

認知症介護初心者のなーにゃんとワフウフには、攻撃的なあーちゃんをどう扱って良いのか分かりませんでした。

Image-5.jpg

そんな中、あーちゃんを一層混乱させる出来事が起こってしまいます。

毒親だった母が認知症に!姉と2人で介護に奮戦!! ワフウフさんの過去記事はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメント一覧

同じような認知症の母がいます。同感~うちは更に小説になりそうな話がわんさかありますが…
新しい通帳を作成して、渡しておけば( 少額)安心すると思うが

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP