えっ!?「医者ロス」になるほど大好きだった「イケメン先生」を認知症の母が忘れちゃった...!/あぽり

こんにちは!
あぽりです♪

夫と、大学生の息子と、
高校生の娘の4人暮らしで、

要介護1で一人暮らしをしている
母がいます。

前回の記事:「無理やり老人ホームに突っ込まれた!」だと〜!? 娘の悪口を吹聴する母にガックリ

以前書いたお話なのですが、

入院していた一つ目の病院で、
大のお気に入りだった
イケメン主治医がいました。

1910ahakken01.png

1910ahakken02.png

二つ目の病院へ転院した時は、

医者ロスになってしまい
毎日イケメン先生に思いを馳せていました。

退院後もしばらくその先生の話をしていたのに。

それくらいお気に入りで
思い入れの深い先生だったのですが...。

1910ahakken03.png

今はもう

記憶の片隅にも残っていません。

1910ahakken04.png

あんなに、ハートの目をして

黄色い声を出していた母が、

その先生の存在もすっかり
忘れていました。

私がショック...!

1910ahakken05.png

入院していた事も、

デイサービスになぜ通っているのかも
忘れている母なのだから、

そこにいた医師の事を忘れても
当然と言えば、当然なのか...。

だけど、あんなに大好きだったのに。

1910ahakken06.png

かっこよくて、とっても気に入っていたんだよ、

と教えると、

また入院し直したい!と
言いました(笑)

いや、それは困る!

転院先で、リハビリを担当してくれていた、
理学療法士さんも、
心がとってもイケメンで、
母の心を鷲掴みにしたのですが、

そのリハビリの先生の事も
記憶から消えていました。

結婚してあげてもいい、
なんて言っていたのにね。

1910ahakken07.png

母は、今、

私と過ごしているこの時間も
いずれ忘れていくのでしょう。

なんか、しんみり...。

...と思ったのですが。

1910ahakken08.png

なんで!?(笑)

昔の事は、よく覚えているのよ!

そこは忘れてくれて
いいんだけども!

家族の顔や、自分が若かった時の事は
覚えているんですよねー。

そんなものなのでしょうか。

悪化すると、
いずれ人の判別も出来なくなるのかなと思うと、
コミュニケーションが円滑に(?)取れる今を
大事にしようと思っているのです。

母の介護に夫との大ゲンカも...!? あぽりさんの記事リストはこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

認知症は短期記憶障害が多いですからね。昔のことはよく覚えているが最近のことは覚えられず忘れてしまうのです。実はその記憶を引き出せないだけだという研究報告もされてるようですが…

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP