イケメン効果で脳が活性化!? 褒め上手な先生とリハビリに励んだ結果/あぽり

こんにちは、あぽりです!

夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族のアラフィフ主婦です。

私には、要介護1の、一人暮らしをしている母がおります。

その母が、去年、寝たきりになって入院していた時の事を書いています。

前回は、リハビリのおかげで、みるみるうちに回復していった母の様子を書きました。

前回の記事:座ってる!人形のように寝たきりだった母の変化に、リハビリの力を実感/あぽり

座れるようになったところまで書きましたが、

1810ahakken01.png

1810ahakken02.png

こんなに回復するなんて!

信じられない!

ある日、車椅子に乗せて売店へ行くと...

(歩けるようになったとは言っても

少しなので、この時はまだ車椅子でした)

1810ahakken03.png

突然、黄色い声を出して叫ぶ母。

1810ahakken04.png

なんだこのイケメン先生は!

母の主治医は定期的に変わっていて、

この先生は、私は初顔合わせでした。

1810ahakken05.png

母の、こんなにデレっとした顔は初めて見ました!

その後、談話室で母と話をしたのですが、

1810ahakken06.png

主治医の先生が、

いかにかっこよくて、

いかに優しくて、

いかに紳士的であるか

力説してくれました。

おいおい、

本当にあなたは認知症なのかぁ?(笑)

実は、母の認知症は、どんどん良くなってきていました。

通常、良くなることはないのかもしれませんが、

一番ひどかった頃と比べると

物忘れが多いだけの人に思えます。

動かなかった右手が動くようになれば、

あの先生が「すごいすごい!」と誉めてくれる。

うまく出来なかった時も

「大丈夫大丈夫♪ 焦らずゆっくりやりましょう!」

と励ましてくれる。

この先生に誉めてもらうのが嬉しくて、

母はリハビリを頑張ったみたいです。

同時に、脳も活性化したのだと思います。

私が気付いた事だけど、

このイケメン先生は、母と話す時、

必ずしゃがんで、母の目線に合わせて話をするのです。

保育士さんが、子供目線で話すように

車椅子の患者さんの目線に合わせて

話してくれました。

爽やかで、キラキラな笑顔を振りまいて

毎日母をしっかりと見てくれていました。

こんなにも劇的に回復していったのは

この先生がいたからでしょう。

すごいぞ、イケメン効果!

女と言うのは、いくつになっても

イケメンが好きなのね♪

母が言うには、介護においても、

若いイケメン男性に世話をされると

気分が上がり、生きる気力が沸いて

毎日が楽しくなるそうです。

イケメンなんてそんなに大勢いないよ!

と思うでしょうが、

イケメンというのは

「顔がかっこいい」というだけではないようです。

これも、後で分かるのですが、

それはまたの機会に。

これからの高齢者の治療法として、

「イケメンを導入する」というのも

アリなんじゃないかと思いました(笑)

おばあ様達は、病室でも

「あの先生がかっこいい♪」

「私はあっちの先生の方がいいわ♪」などと

高校生みたいに女子トークを繰り広げていました。

次回は、長い検査の結果、

母の病名がやっと分かります。

関連記事:介護予防にも効果のある「化粧療法」。化粧は「出かけたくなる」気持ちをアップしてくれる!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

あぽり

ブログ「絵日記でございます。」を運営。Ameba公式トップブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。ブログでは、50代の日常を楽しいイラストと共に綴っています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP