ありえない!健診で「病気発見」の知らせが職場に...同僚の好奇の目にさらされた友人

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:kaori
性別:女
年齢:55
プロフィール:息子と猫とインコと音楽とともに、大好きな文章を書いて生きる幸せ者。

33.jpg

先日、以前勤めていたグループホームでお世話になった先輩と、10年ぶりにランチをしました。ほぼ同年代で、職場ではいつも元気はつらつで感情豊かだった彼女。時にはおじいちゃんやおばあちゃんと本気になって喧嘩したり泣いたり笑ったり、いつも健康で明るいイメージの彼女と会うのは本当に楽しみでした。

ファミレスでオーダーを済ませ、会話が始まると開口一番、彼女からこう告げられました。「私、乳がんの手術したんだよ、去年」。「がん」という2文字は、彼女のイメージからは大きくかけ離れた言葉で、驚いてしまって、言葉を口にすることができませんでした。

ようやく「どうだったの? きれいに取れたの?」と尋ねると「大丈夫、ごくごく初期だったから部分的に切除して、きれいに取りきれたよ。今はもうピンピンして仕事してるよ」とのこと。何事もなかったかのような彼女らしい笑顔に、ほっと胸を撫でおろしました。

しかしながら、「でもさあ」と言葉をついた彼女の話にはびっくりしました。がんが発見されたのは、市の健診だったそう。胃と腸の検査に加えて、これまで一度も受けたことのない乳がん、子宮がん健診が受けられるようになっていたので、「一度やっておこうかな」と健診を受けたそうなのです。

そして初期の乳がんが見つかったのですが、なんとその連絡が職場の電話にかかってきたのだそうです。

小さなグループホームの食堂にある電話は、話の内容がほぼ筒抜け。検査結果に愕然として頭が真っ白になったまま電話を切った彼女を待っていたのは、興味津々な同僚たち。

「なに? なに? どうしたの? なんか見つかったの?」。

遠慮会釈ない質問責めに会い、「家族に何と言おうか」と悩んでいた彼女の頭は大混乱。デリカシーも何もあったもんではなかったそうです。

確かに私たちの年代の女性にとって乳がん、子宮がんは大きな関心事。しかも、女性ばかりの職場では隠し事は不可能です。家庭内事情や嫁姑問題、子供の進学、お金の問題......何につけ、話題は共有されて当然のようなもの。だからといって、時と場合を考えるデリカシーは無かったのでしょうか?

その後も、入院、手術、退院とすべての情報は皆の知るところとなっており、職場復帰しても「なんの薬飲んでるの?」「傷は治った?」など心配という名目のおせっかいは続いているそうです。

これから健診を受ける皆さん! 気を付けましょう。「結果は必ず、自分の携帯電話に知らせて下さい」と、忘れずに念を押しておいてください。

それにしても...ともかく彼女が無事で良かった。明るい笑顔とはつらつとした声を聞けたことを、心から感謝しています。

関連記事:朝から晩まで、他人の噂や病気の話を喋りまくる母にウンザリ...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

私も、居住区(A県T町)の、検診を受け、胃癌の疑いの結果が出たことがあります。 その結果を、家の前の公道で口頭で聞かされました。 ある日、家のチャイムが鳴り、出ると役場の保健担当の方、男女合わせて2名いました。 何事かと思い2人の立っている門まで、出てゆきました。 うちの前は、バス通りですぐ近くにバス停もあり、車だけでなく、人も頻繁行き来しています。 そこで、 「先日の検診結果ですが、バリウム検査により胃癌の疑いがあるので、精密検査をして下さい」と、まるで世間話でもするような言い方をされ、おもむろに白い封筒を勝手に開封し、検査結果評価を路上で見せられました。 今まで健康体で病気とは無縁でしたし、その頃子供はまだ2人とも幼児、あまりにショックすぎて、何と返事したのかも覚えていません。 幸いその後の検査で疑いは晴れました。 冷静になってから、告知の状況を思い出し、頭に来ました クレームを入れようかと思いましたが、田舎の役場内、向こうは私の個人情報を熟知してるわけですから、仕返しが怖いので、我慢しました。 そのショックがトラウマで、癌検診を受けることが出来ません。
お役人なんてそんなもん… 人の気持ちなんて考えて仕事してる人いないよ。 自分の事中心にしか物事考えられない、周りに目配り、気配りしながら仕事できる人なんていないよ。 マニュアル通りの事以外はしようとしない人ばかりですよ。 お役人に期待しても駄目ですよ、 期待したら自分が傷付くだけですよ。 周りの事

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP