病院を変えるたび増えていった薬の量。こんなにたくさん必要なの!? /あぽり

こんにちは!
夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族のあぽりです。
要介護1で一人暮らしをしている母の事を書いています。

前回、テレビばかり見ている母に
趣味を持たせようと思った話を書きました。

前回の記事:一日中テレビを見て過ごす母。夢中になれる趣味がほしい!/あぽり

今回は、薬の話。

去年の話なのですが、母の所へ行くと、
昼間から寝込んでいました。

1907ahakken10.png

どこか悪いのかと思い、病院へ連れて行きました。

だけど、検査した結果、
どこも悪い所はないと診断されました。

1907ahakken11.png

その後も体調が戻らない母を見て、
母の薬をチェックしてみました。

1907ahakken12.png

高齢の方って、平均何種類の薬を飲んでいるのでしょう。
それを知らない私は、単純に考えて、
14種類は多くないか!?と思いました。

なぜこんなに種類が多いのかと言えば、
一つ目の病院は、最初に母が運ばれた病院なので、
寝たきりになってしまうほど状態が悪かった為、
あらゆる薬が処方されました。
でも、その時はまだ8種類程度だったと思いますし、
状態が悪いので仕方がないと思っていました。

転院した二つ目の病院でも、
さらなる検査がおこなわれ、
原因が分からなかった為、色々な方向から
アプローチされました。
その結果、さらに薬が増える事に。

そして三つ目の病院は、
自宅から通いやすい病院に通っているのですが、
そこでもまた、新たな薬が増えていった...。

1907ahakken13.png


1907ahakken14.png

医者が処方する薬なのだから、
大事な薬なのだろうと、あまり薬のチェックは
していなかったのですが、
改めて一つ一つを調べてみると、

こんなに薬を飲んで大丈夫なのだろうか?

初めて疑問に思いました。

薬で体調が悪くなっているというのは
考えられないか...と思ったんですね。
それぞれに、副作用はあるわけですし。

そして、重複している薬があるような気がしたんです。
薬の名前は違うのですが、
効能が同じような気がする。

医者に直接聞くのが一番早いだろうと
主治医に相談しに行きました。

1907ahakken15.png

だけど、減らすのは無理だと言うんです。

1907ahakken16.png

必要な薬だから処方されているのだし、
一つ目の病院や、二つ目の病院でも
処方されているのだから、
むやみにやめてはいけないと言われました。

具体的に聞いても、 薬はやめてはいけない、というような
おおざっぱな回答しかなくて、
明確な回答がありませんでした。

こちらは素人だし、あまり突っ込んでしつこく聞くのも
申し訳ないと思ってそのまま引き下がりました。

14種類飲んでも大丈夫!とまで言われました。

そういうものなのか...。

1907ahakken17.png

でも、母の体調は戻らない。

思い切って、病院を変えて
他の医者からも意見を聞こうと思いました。

続きは次回に!
次回は、新たな病院へ行った時の事を書きます。

あぽりさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

私の祖母も要介護1でなんです。病院の薬と市販の薬も混ぜて飲んだりするからこいんです
はじめまして! いつも楽しく拝見しています! 私の祖母は、近所の町医者にかかって10種の薬を飲んでいたことがありました。 胆石、高血圧、糖尿にまつわるあれやこれやの薬でした。 それを続けていたら、手の震えが始まり、町医者さんに「パーキンソン病(かもしれない、詳しい検査をする設備はないけど)」と、また薬を追加。。。 そんな時、あるきっかけで大学病院を受診し、お薬手帳も見せたら、薬が3つ(1日2回)に減りました。手の震えも、すぐ止まりました。 あぽりさんのお母さまも、良い方向に行くといいですね。
こんにちは♫ いつも楽しく読ませてもらっています。 今回の薬の件、まさに我が家にも同じ問題があって病院を変えようかどうしようかと思案中なのです。 続き待っています!
総合病院で働く医師です。 一体なんでこんなに薬飲んでるの!?と言う、お母様と同じ様な患者さんをよく見かけます。その様な患者さんの特徴として、1. 病院を転々と変えている(病院間での情報共用がきちんと行なわれていない)、2.患者さんの訴えが多彩で、取りあえずのお薬が処方されている。があります。 病院を変える際には、必ず紹介状を書いて貰って病院間での情報共用をきっちりとしておく事をお勧めします。また認知症が進むと訴えもさらに多彩になってきますので、あまり振り回されず一歩引いた視点で見守る事が大事になってきます。 お母様の心身の安泰を心よりお祈り申し上げます。
医療関係者です。受診の仕方に問題はありませんか?初診の際、問診票に「現在服用している薬」を記入されましたか?正しく申告していらっしゃれば、重複しての投薬はありえません。薬剤師からもチェックが入るはずです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP