嫁は義母のイエスマン?!でも周りの人はみんな味方/バニラファッジ

今日のお話は、庭師さんの予定を入れた時に、義母が妙な見栄を張ろうとしたお話です。

前回のエピソード:90歳で手術になった義母!当の本人は態度のでかい一方で周りはあたふた・・・/バニラファッジ

46-1.png

46-2.png

46-3.png

46-4.png

46-5.png

46-6.png

46-7.png

46-8.png

46-9.png

46-10.png

46-11.png

認知症のお義母さんは、いつでもいたって大真面目に心配してきますが、その言動に振り回されないよう気をつけていました。

嫁はいつでも、お義母さんには「イエスマン」です。

もちろん当日は、予定通り庭師さんも来るし、訪問入浴サービスのみなさんも来ます。 それでもし嫁と姑が喧嘩になっても、みなさん嫁の味方になってくれるので大丈夫です。

そして、お義母さんにもみなさん優しく話かけてくれるので 家族以外の人たちが、家に来るのはとてもいいことだと 在宅介護をしていて、いつもそう感じていました。

バニラファッジさんの連載一覧はこちら

 

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP