実家の断捨離(4)その包装紙、いる?なんでも取っておく母の驚きのコレクション/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、月間アクセス数800万PV超の超人気ブログ「カータンBLOG」から抜粋してご紹介します。

実家の断捨離(3)からの続きです。

前回の記事:実家の断捨離(3)思い出がいっぱいな父のスーツにさよなら/カータン

実家の断捨離2日目、
朝からとにかく憂鬱だった。

49d92da5-s.jpg

覚悟して、玄関のドアを開けると

ca46dba9-s.jpg

なんと、思わぬ展開!

bece103d-s.jpg

とりあえず、父のところに行ってみると

e552137b-s.jpg

一晩経って、
母の心境の変化にびっくりよ!

母がこれなら、やり易い!

早速、姉とキッチンの片付けに
取り掛かった。

今日も、念を押すことを忘れない。

4af99122-s.jpg

実家には、8年間にわたり、
留学生が入れ替わり下宿していた。

彼らがいた当時は、
週末になればよく皆で集まったものだ。

2b5299c9-s.jpg

そんな留学生のお世話も大変になり
リタイヤしたのが2年前。

あれから
家族で集まる時は、
母も大変だろうからと
我が家に来てもらっている。

だから、もう
そんなに多くの食器は要らない。

当時、よく使っていた
手巻き寿司の桶も
すっかり埃をかぶって置かれていた。

7428f403-s.jpg

そして、ラーメンどんぶりも。

0f615adc-s.jpg

どう考えても、これ必要か・・・?

5b55b135-s.jpg


最初はひとつひとつ
「使うか」「使わないか」
母に確認して選別しいていたけど

母の返事は決まって

81171748-s.jpg

これじゃ何も変わらないわ!

そう思った私たちは

39df9126-s.jpg

母に休んでいてもらうことにした。

それにしても・・・

母の世代の人は、
どうして何でも取っておくのだろう?

紙袋ならまだしも
綺麗な包装紙やリボンまで
きちんと畳んで保管している。

5a5951f9-s.jpg

そして・・・
お寿司などを買ってきたときについてくる醤油。

全部集めたら、
醤油1本分くらいになりそうなくらい。

b8972e9a-s.jpg

そんな母のコレクション?が
出てくるわ!出てくるわ!

08149526-s.jpg

そう思って蓋を開けたら

7e20900b-s.jpg

ちょっとぉー、
母はこれをどうするつもりだったんだろう?

a5e6f9db-s.jpg

パックジュースについてるストロー!

これだけじゃない。
シリカゲル(海苔などに入ってる乾燥剤)
カットフルーツについてるピックも
大量に集めていた・・・。

母がこんなコレクターだとは!!

母のコレクションを処分しても
母は特に何も言わなかった。

558b89cb-s.jpg

お茶を入れたから休憩してとか
すごい気を使ってくれた。

da779b43-s.jpg

母がこのような感じだったので、
作業は思いの外、はかどり
キッチンはどんどんきれいになっていった。

途中、姉の悲鳴が何度も響き渡ったけど。

590af5e3-s.jpg

そして、夜。

ほとんどの作業が終わり、
片付いたキッチン。

ee340a08-s.jpg

手絞りジュース機?
溢れる物の下から出てきたそれ、

4e862d5d-s.jpg

私が再び捨てに行ったその数分後、
事件は起こったのだった。

母が突然、怒り始めた!!

1f4146b9-s.jpg



え!!!!

そう怒り狂った母の手には



a52dccb3-s.jpg


あ・・・!!!

こ、このジュース絞り機が元で
母と娘の大喧嘩が勃発した!

つづく


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
大変ですよ!あのジュース絞り機が原因で、すごい喧嘩が始まったのですよ! 実家の断捨離、次回で最終回、どうかあと1回、お付き合いください。

必読!カータンさんの過去記事はこちら!

コチラもオススメ:
「あんたのお母さんはイジメてもイジメても出て行かへんな~」終わらない姑の嫁いびり/かづ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP