家の中を綺麗に使ってくれない... ズボラ姑に悩む嫁は意外と多い?

義両親との同居には、何かとトラブルがつきもの。例えば"家事のやり方"や"キッチンの使い方"ひとつとっても、悩みの種になることがあります。義実家で義母と同居しているというAさんも、そんなお悩みを抱えるひとり。彼女の場合は、「お義母さんが家の中を綺麗に使ってくれない...」と頭を抱えているようです。

190416_kireini_01.jpg


ズボラ姑に悩む女性は意外と多い?

Aさんの義母は、どちらかというとズボラな性格。キッチンに立てばシンク周りがビシャビシャになり、調味料や食材の破片があちこちに散らばります。食器を洗ってもきちんと洗えていないことが多く、冷蔵庫の中もかなり悲惨な状態。しかしAさんが代わりにやろうとすると、義母は「私がやるから」と頑なに譲ろうとしません。

ネット上でもAさんと同様の悩みを掲げる人は多く、「『コンロは使ったら拭いて下さい』『ゴミはすぐに捨てて下さい』など、毎日同じ注意の繰り返し」「食器など誰のものか関係なしに使い、洗い方もおざなりなので2度洗いは必須」「食べ残したものをラップせずにそのまま冷蔵庫に入れたり、食器用スポンジで三角コーナーを洗うのも嫌!」といった声が見られます。

しかし同じ悩みを持つ人が口を揃えて言うのが、"今更義母の性格は変わらない"という意見。ましてやAさんのように義実家での生活ともなると、「義母のやり方が優先されても仕方がない」「ずっと我慢して自衛を続けるだけ」といった結論に至るよう。

その他にも「お嫁さんとお姑さんの美意識や生活信条が根本から違うんだろうね」「本当に無理ならご主人に言って、義母と別居するしかない」「お姑さんの前では『ありがとう』とおお礼を言って、見えないところで自分がやり直す」など様々な助言が。

中には「これは性格の問題というより"年齢の問題"」「いつかお姑さんの気持ちがわかる時がきます。今は多めに見てあげてください」と義母を擁護する声も上がっていました。


綺麗好きな義母との同居生活が辛い...

「家の中を綺麗に使ってくれない...」と嘆く人がいる一方で、「義母が綺麗好きすぎて同居生活を解消したい!」という正反対の悩みを抱える人も。

家事全般をいくら一生懸命こなしても、綺麗好きな義母から「そうじゃない、こうじゃない」「あそこが、ここが...」と指摘されてばかり。「それなら別々に暮らし方がいい!」と怒りを募らせるお嫁さんは、決して珍しくありません。

実際にネット上には、「私は義母の前ではイエスマンに徹し、後で旦那に愚痴る」「毎日喧嘩ばかりして最近は喧嘩する気力すら失せる」「引っ越して3年目だけど、まるで間借り気分。ここが自分の家だと思ったことは1度もない」という不満の声が。

とはいえ全く解決の糸口がないわけではないようで、「うちは完全二世帯にして問題を解決した」「時間が経つにつれてお互いの譲歩できる範囲が見えてくる。今はそれなりに上手くやってます」といった声も上がっています。

できることなら円満な生活を送りたい"義両親との同居生活"。もし自分の義母がズボラ、あるいは綺麗好きだった場合、あなたはどう対処しますか?

文/藤江由美


関連記事:「自宅がゴミ屋敷状態!「物を捨てられない姑」に困り果てる嫁」

 

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP