母の部屋が大変なことに!あちこちから用途不明のお金入り封筒が.../ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

認知症になった実母あーちゃんの預金を、何かあった時に使いやすいように定期預金から普通預金に替えようとしたところ、あーちゃんは既に通帳がどこにあるのか分からなくなっていました。

前回の記事:認知症のせい?ものが捨てられなくなり部屋がゴミだめのように.../ワフウフ

仕方なく実家へ行って通帳を探すこと3時間。

その間に、肝心のあーちゃんに

01.png


と言われること4回。

通帳を探しに行くと約束をした上で実家に行って、通帳を探していると何度説明しても、あーちゃんの記憶は1時間と持たないのでした。

結局、元々探していたふたつの銀行の通帳と、存在を知らなかった銀行の通帳、合わせて3つの通帳が見つかりました。

ちなみにひとつはいつの間にか何処からか、あーちゃんが自分で

02.png


と出してきたのでした。

見つからないって自分で言っていたのに...。

その他に、封筒に入った現金があちらこちらから沢山出てきました。

03.png


その額は合わせると数十万円にもなりました。

どう考えてもあーちゃんが沢山の封筒のお金と隠し場所を全て把握しているとは思えなかったので、ひとつにまとめようとしましたが、これまたあーちゃんの強い抵抗にあいました。

04.png

いや、どう考えても既に分からなくなっているのですがね...。

その後、なんとか説得して現金をまとめました。

更に見つかった通帳はもうあーちゃんが自分で管理できるとは思えないので、ひとつだけあーちゃんの手元に残してあとは預かることにしました。

ただ、通帳をただ預かると言うと抵抗するのは分かっていたので、

05.png

と言って、なんとか預かることが出来たのでした。

しかし、通帳を預かったことがあーちゃんの更なる混乱を招いてしまいます...。

次回に続く。

ワフウフさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメント一覧

怖い話みたいにゾッとする話、、。 必要以上にお母さんに気を遣いすぎじゃありませんか?お医者さんの質問に答えるために席を外させるとか。。。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP