通院したこと忘れてる!? あちこちの病院で同じ薬をもらってきてしまう母/ワフウフ

みなさんこんにちは、ワフウフです!

認知症の薬を出されていることに憤慨して10年以上通っている糖尿病の専門病院にはもう行かないと言い出した実母あーちゃん。

前回の記事:「認知症の薬を出すなんて失礼よ!」勝手に病院を変えてしまった母/ワフウフ

なんとか姉のなーにゃんがあーちゃんを週に一度のインスリン注射に連れて行きました。

無理にでも週に一度のインスリン注射に連れて行きたかったのは、このインスリン注射が認知症の改善に効果を出すことがあると糖尿病の先生に言われたからです。

血糖値を下げるのと同時に認知症を改善させられるなら、ぜひ週に一度注射してほしいと思っていたのです。

01.png

なんとかあーちゃんを説得して病院へインスリン注射に連れて行った日、 もう病院を変えると宣言したあーちゃんの気持ちをなんとか変えようとなーにゃんは説得を試みました。

するとあーちゃんは、

02.png

と、にこやかに答えました。

...ええ〜っ⁉︎

03.png

病院を変えようとしていたこと自体、忘れちゃってるよ...。

お薬手帳を確認したところ確かに前日にSクリニックには行っていたのですが、糖尿病の薬ではなく膀胱炎の薬として抗生剤を数日分処方されていました。

そしてこの日糖尿病の病院でもあーちゃんは膀胱炎の薬を欲しがったので尿検査をしてもらったのですが、菌は出ませんでした。それでもあーちゃんがあまりにも尿意を訴えるので先生が過活動膀胱の薬を処方して下さいました。

それなのにあーちゃんはその2日後、またSクリニックに行って膀胱炎の薬を処方してもらったことが後日発覚します。

04.png

病院を変えると自分が宣言したことを忘れてしまったり、薬をもらったことを忘れてあちこちで何度も膀胱炎の薬を処方してもらったり...。

認知症の検査の結果から想像していた以上に、あーちゃんの記憶力は低下しているようでした。

ワフウフさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP